【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して
パナフコルテロン(プレドニゾロン)

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)

アスペン

3,300

ポイント: 33 Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

パナフコルテロン(プレドニゾロン) 1mg 100錠

個数 定価 販売価格
(1箱単価)
購入
1本 4,290円 3,300円

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の商品説明

本製品パナフコルテロン(プレドニゾロン)は有効成分のプレドニゾロンを含む合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。
人間用に開発された医薬品になりますが、動物に対しても安全性が高く多くの動物病院でも処方されています。

パナフコルテロンに含有されている副腎皮質ホルモンのプレドニゾロンは慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法・炎症やアレルギー・免疫を抑えたり、不足している副腎皮質ホルモンを補う効果があります。
抗炎症作用や持続時間が中程度であり、、副腎皮質ホルモン剤の標準的な薬剤です。

副腎皮質ホルモンが不足してしまった場合はしっかり対策をしましょう。

使用方法

    症状や体重に適した量を経口投与します。
    具体的な投与量は、下記を参考にしてください。

    【犬の場合】
    ・免疫抑制
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして1.1~2.2mgを12時間ごとに経口投与します。

    ・抗炎症
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.5~1mgを12時間ごとに経口投与します。

    ・副腎皮質機能低下症の維持療法
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.1~0.2mgを12~48時間ごとに経口投与します。

    ・アレルギー疾患や抗炎症、過敏性疾患
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.5~1mgを12時間ごとに経口投与します。

    ・インスリノーマ、原発性糖質コルチコイド欠乏症の補助療法
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.25~0.5mgを24~48時間ごとに経口投与します。

    ・慢性リンパ球プラズマ細胞肝炎や自己免疫性肝炎
    1日1回、体重1kgあたりプレドニゾロンとして2.2mgを数週間経口投与します。
    その後、投与量を2日に1回、体重1kgあたりプレドニゾロンとして1.1mgへ減量します。

    ・胆肝炎
    1日1回、体重1kgあたりプレドニゾロンとして1~2mgを最低1ヶ月間経口投与します。

    ・中枢神経系腫瘍、浮腫および炎症の軽減や肥満細胞腫
    1日1回、体表面積1平方センチメートルあたりプレドニゾロンとして10~40mgを7日間経口投与します。
    その後、体表面積1平方センチメートルあたりプレドニゾロンとして10~20mgを24~48時間ごとに経口投与します。

    【猫の場合】
    ・免疫抑制
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして1.1~2.2mgを12時間ごとに経口投与します。

    ・抗炎症
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.5~1mgを12時間ごとに経口投与します。

    ・副腎皮質機能低下症の維持療法
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.1~0.2mgを12~48時間ごとに経口投与します。

    ・アレルギー疾患や抗炎症、過敏性疾患
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.5~1mgを12時間ごとに経口投与します。

    ・インスリノーマ、原発性糖質コルチコイド欠乏症の補助療法
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして0.25~0.5mgを24~48時間ごとに経口投与します。

    ・慢性肝炎や肝硬変
    体重1kgあたりプレドニゾロンとして、1日量4~6mgを数週間経口投与します。
    その後、投与量を2日に1回、体重1kgあたりプレドニゾロンとして1~3mgに変更します。

    ・中枢神経系腫瘍、浮腫および炎症の軽減や肥満細胞腫
    1日1回、体表面積1平方センチメートルあたりプレドニゾロンとして10~40mgを7日間経口投与します。
    その後、体表面積1平方センチメートルあたりプレドニゾロンとして10~20mgを24~48時間ごとに経口投与します。

注意点

    ・本剤は獣医師等の処方せん・指示によりご使用下さい。
    ・系肝炎の治療時には必ず肝生検を行い、免疫抑制療法適応の肝疾患と診断した上で本剤を使用してください。
    ・本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
    ・妊娠・授乳中及び繁殖を予定している動物への投与を行わないでください。
    ・腎疾患又は原発性肝疾患がある動物には投与しないでください。その他、肝障害がある動物には十分慎重に投与してください。
    ・必ず用法・容量を守ってご使用下さい。

副作用

    ・医原性クッシング病の症状が現れる場合があります。
    ・消化不良、下痢、吐き気、肥満、視力低下などが見られる場合があります。
    ・使用中に異変がみられた場合はすぐに中止し獣医師へご相談ください。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の有効成分

有効成分 プレドニゾロン(Prednisolone)

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の飲ませ方

  1. STEP1
    上あごを持ち上げるようにして口を開きます。その後、口の奥に人差し指で錠剤を押し入れます。
  2. STEP2
    口を閉じ鼻を上に向けて喉を優しくさすります。
  3. STEP3
    左手で頭を固定し、右手の人差し指で口を開きます。
  4. STEP4
    錠剤を口の奥に押し入れます。
  5. STEP5
    口を閉じ、鼻を上に向け喉を優しくさすります。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)のくすりの評判

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の良い評判

アジソン病のとんぷく薬として自宅に常備しています。 体調が悪そうな時に飲ませていますが、飲ませると楽になるのか元気になるので助かっています。
皮膚のアトピーとマラセチアに対してシャンプーだけでは落ち着かなかったのでプレドニンを飲ませています。 驚くほど痒みが抑えられるゆで血が出るまで掻きむしることがなくなりました。
少量であれば長く使っても問題はないと聞き、老犬に飲ませています。 アトピーなので少量でも飲ませるとマシのようです。 効果があるのでこれからも使用したいと思います。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の悪い評判

病院で処方されていたプレドニゾロンよりも少し錠剤が大きいように思います。 効果は変わらないので、これからも飲ませるつもりです。
ステロイドの中でも弱い薬とはいえ用量だけはきちんと気を付けて与えています。 初めは量を減らして飲ませました。 人間よりも体の小さいワンコには少し負担になるのかもしれません。
この薬を飲ませてから、おしっこの回数が増えました。 お腹も空きやすくなり、ごはんをねだる様になりましたが副作用ですかね? 効果は劇的に改善したので驚いています。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

うちのポメラニアンがずっとお腹をかいていたのに、これを3日くらい飲ませただけでお腹をかかなくなりました。症状も徐々に改善されて、赤くただれていたお腹も元のようなきれいな皮膚になっています。思っていた以上に早く効いてくれたのでまだたくさん余っていますが、切れたらいずれ追加で購入しようと思います。

ステロイド成分が含まれているので、量を調節しながら飲ませています。症状が弱いときはすぐに治ってくれるのですが、重症になっているときはあまり効かないと思います。塗り薬の方が効いてくれます。もちろん、飲んでいないときよりもずっといいので薬としての効果はあると思います。追加で購入するかどうかはちょっと検討しているところです。

飼っている猫がアトピー性皮膚炎持ちで、何かの刺激やストレスなどですぐに体をかゆがっています。調子の悪いときは体を掻きすぎて血が出ていることもあります。飼い主としては見ていてすごく辛いです。でも、この薬を飲ませたらかゆがっているような状態がかなり少なくなりました。皮膚がただれたりすることもほとんどありません。ただ、ちょっとだけ副作用が出ることはあります。

うちの子はアレルギー体質ですぐに反応してしまう敏感な肌を持っています。いろんな刺激が原因で炎症を起こしてしまうので、薬もどれを飲ませるべきが迷っていました。そこで、いろんな症状に効くパナフコルテロンを購入して飲ませるようにしました。そしたら、アレルギー症状はかなり落ち着いてくれました。また、他の症状にも効いたのか最近は元気になっています。

いろんな症状に効くので、家に1つおいておくようにしています。おかげで愛犬が何か症状が出ても重症化することがほとんどありません。過剰には飲ませないようしているので、副作用などはあまり発症したことがありません。この薬であまり効果が無かったときは動物病院に行くようにしています。まだ残っていますが、切らしたら追加で購入するつもりです。

うちのわんちゃんは、普段はいたって健康なのに、特定の条件がそろったり気温の影響を受けると一気にかゆくなっちゃうみたいです。病院でたまにもらう頓服もあるんですけど、うちではパナフコルテロンを使い慣れてしまったのでこっちを飲ませることが多いです。頓服は嫌がられるんですけど、パナフコルテロンは慣れてきたのか、なんとか飲み込んでくれます。

愛犬は生まれつきアレルギーがあるらしくて、季節によってはやたらと体をかいたりかゆそうにしています。場合によっては病院に連れてい行くこともありますが、今じゃたいていの場合はパナフコルテロンを飲ませて落ち着かせることができます。この薬の成分は獣医さんにも安全だと教わったので、ある程度安心して使ってます。飲ませすぎないよう、絶対に最小限で止めてます。

急にわんこの食欲が下がって体重が落ちるようになったと思ったら、病院でわんこ初めてのステロイド剤を出されました。最初は心配でしたが、飲ませてみても特に異常は起きなくて、すぐにごはんを食べるようになりました。パナフコルテロンは病院で出されたステロイド剤と同じ成分だったので、少し迷った末に注文しました。もし使う機会が来たら、病院に質問しながら飲ませるつもりです。

アジソン病はどちらかというと犬の病気だという認識があったので、猫がその診断を受けるとは思ってませんでした。できれば猫にステロイドを飲ませたくないと漠然と思っていましたが、こうなったら仕方がないのでパナフコルテロンを買っておきました。病院に行っても同じ成分のステロイドを勧められました。とりあえずパナフコルテロンを飲ませて様子見中です。

体重によって分量が変わるみたいなので確認したところ、ちょっと錠剤を調節した方がいいのかな…?と思ってとりあえず砕いて飲ませてみました。2/3錠ぐらいを飲ませてみたつもりですが、特に異変は出ませんでした。でも毎度毎度こうして砕くのはさすがに面倒なので、もっと分量がわかりやすい薬に替えるか、愛犬の体重を増やすかのどちらかで解決したい気持ちです。

ストレスを感じると、かゆみを感じるみたいで背中とか首をかいています。 ときにはただれてしまうくらいかいているので、この薬を常備しています。 うちのワンちゃんはこれを飲むと痒みはかなり和らぐみたいで、ほとんどかかなくなります。 また、じんましんとかが出たときもこれで治しています。 ステロイドの成分も強い部類には入らないみたいなので、飼い主とては安心して与えています。 愛犬のデリケートな肌の改善のためにいろんな薬を試してきましたが、個人的にはこの薬が一番いい感じです。

以前動物病院で同じものをもらったときより、ずっと安くてよかった。

ひどい炎症を見つけたときはこれを飲ませてる。よく効く薬だから、数回飲ましたら大体は治ってるかな。 長期間飲ませたことはないから、副作用とかは発症していない。

花粉が飛ぶ時期になると、人間みたいにくしゃみをして、目も腫れてしまうワンちゃんに飲ませました。 しばらくすると、くしゃみもしなくなり腫れも引きました。やっぱステロイドはよく効くんだなと思います。 過剰に与えるのは良くないので、様子を見て与えることにします。

いつもかゆそうにしている愛犬をなんとかしてあげたくて購入しました。 動物病院で買うよりずっとやすくて、ステロイド成分も含まれているので効くと思い、期待していましたが ほとんど変化なしでした。うちの愛犬には合わないです。

パナフコルテロン(プレドニゾロン)の関連商品

電話番号
閉じる