【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して
フェリマゾール

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

フェリマゾール

アニマルケア/Animalcare

8,300

ポイント: 83 Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

フェリマゾール 2.5mg 120錠入り

個数 定価 販売価格
(1箱単価)
購入
1箱 10,790円 8,300円
2箱 18,200円 14,000円

フェリマゾール 5mg 120錠入り

個数 定価 販売価格
(1箱単価)
購入
1箱 12,610円 9,700円
2箱 21,840円 16,800円

フェリマゾールの商品説明

フェリマゾールは、愛猫の甲状腺機能亢進症を改善する効果がある猫用の抗甲状腺薬です。
乱れているホルモンバランスを正常な状態へ整えることで、症状を改善します。
副作用が少なく作られているのが特徴で、愛猫の体にあまり負担をかけずにお使いいただけます。

本製品に配合されている有効成分は、チアマゾールです。
チアマゾールには、甲状腺でのホルモンの生成に関わっている酵素を阻害する作用があります。
この酵素の働きが阻害されると、甲状腺ホルモンを作り出すために必要な栄養素の供給が抑えられます。
すると、甲状腺ホルモンの過剰な生成と分泌が抑えられてホルモンバランスを正常な状態で保ちます。
このような作用で、甲状腺ホルモンの影響で過剰になっていた新陳代謝を抑え、甲状腺機能亢進症を改善します。

また、チアマゾールには甲状腺ホルモンの生成に関わっている化合物に対する効果もあります。
甲状腺ホルモンの生成には、酵素だけでなくヨウ素化合物という化合物も関わっています。
この化合物の合成に関する反応も抑制する作用が含まれており、より強力に甲状腺ホルモンの生成を抑えます。

日本では、猫の甲状腺機能亢進症の治療薬として動物病院で多く選ばれています。
実績も知名度も十分あるといえるので、多くの飼い主様に安心してお使いいただけます。

使用方法

    1日1回、チアマゾールとして2.5mgを2週間継続して経口投与します。
    その後、全血球計算や血小板の異常、副作用等が認められず、血清サイロキシン濃度が2mcg/dL以上であれば用量を1日2回2.5mgへ増量して2週間後に同じ検査を行ってください。
    用量は2週間ごとに1日2.5mgずつ増やしていき、血清サイロキシン濃度が1~2mcg/dLの間になるよう調節します。

    血清サイロキシン濃度が重度に上昇している症例で、かつ腎障害や腎不全の兆候が認められない場合は1日2回、5mgを経口投与します。
    腎不全の兆候があるか疑わしい場合は、1日2回、2.5mgを経口投与してください。
    尿毒症の症状があり、明確な腎不全が認められる場合は、1日2回、1.25mgを経口投与します。

    モニターは1~2週間ごとにサイロキシン、全血球計算、血小板、血液化学腎パラメータ、尿検査等を行います。
    投与開始から最初の3ヶ月間は2週間ごとに行い、その後は3~6ヶ月ごとに実施してください。

    【より具体的な投与量】
    ・2.5mg錠を使用する場合
    チアマゾール2.5mgの投与が必要な場合:1錠を経口投与
    チアマゾール5mgの投与が必要な場合:2錠を経口投与
    チアマゾール1.25mgの投与が必要な場合:0.5錠を経口投与

    ・5mg錠を使用する場合
    チアマゾール2.5mgの投与が必要な場合:0.5錠を経口投与
    チアマゾール5mgの投与が必要な場合:1錠を経口投与
    チアマゾール1.25mgの投与が必要な場合:0.25錠を経口投与

注意点

    猫以外の動物には投与しないでください。
    妊娠中あるいは授乳中の母猫には投与しないでください。
    高齢の猫に投与する場合は、モニタリング間隔を短くして慎重に投与を行ってください。
    効能効果において定められた目的にのみ使用し、用法用量を厳守してください。
    血液濃縮を引き起こす可能性があるので、猫が常に新鮮な水を飲めるようにしてください。
    1日あたり10mgを超えて投与する必要がある場合は、猫の様子を特に注意深く観察してください。
    原発性肝疾患や糖尿病など、全身性の疾患にかかっている猫には投与しないでください。
    自己免疫疾患の兆候を示す猫や好中球減少症、リンパ球減少症など白血球障害のある猫には投与しないでください。
    血小板障害および凝固障害、特に血小板減少症の症状がある猫には投与しないでください。
    腎機能障害がある猫に対して使用すると、子宮体濾過率の低下に与える影響により基礎となる状態の悪化が起きる可能性があるので注意してください。
    白血球減少症または溶血性貧血のリスクがあるため、血液学を監視する必要があります。
    本剤または使用済みのごみを取り扱う際は、飲食や喫煙等を避けてください。
    チアマゾールは人の催奇性物質の疑いがあるため、妊娠中または妊娠の可能性がある方が本剤を取り扱う際は手袋を着用してください。
    本製品の効果を低下させる可能性があるため、フェノバルビタールを含む抗てんかん薬との併用は避けてください。
    本製品に含まれているチアマゾールは、ベンズイミダゾールワーマーの肝臓の酸化を減少させることが知られており、同時に投与すると血漿濃度の増加に繋がる可能性がありますので注意してください。
    本製品には免疫調節性の作用があるため、予防接種プログラムを検討する際はこれを考慮する必要があります。
    投与する際は、可能な限り1日の総投与量を2つに分けてください。
    配合されている成分に対し、アレルギー反応を示したことがある猫には投与しないでください。
    パッケージに記載されている使用期限を厳守し、期限を過ぎているものは使用しないでください。
    誤用や品質変化の原因になる可能性があるため、他の容器への移し替えは避けてください。
    保管する際は、直射日光と高温多湿の環境を避けて子供やペットの手の届かないところに保管してください。

副作用

    胃腸障害や脱毛、多発性関節炎などが主な副作用として報告されています。
    嘔吐、食欲不振、嗜眠、肝障害に伴う出血性素因および黄疸、血液学的異常などがみられることもあります。
    そのほかに副作用と思われる症状があらわれた場合は、速やかに投与を中止してかかりつけの獣医師の診察を受けてください。

フェリマゾールの有効成分

有効成分 チアマゾール

フェリマゾールのくすりの評判

フェリマゾールの使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

フェリマゾールの良い評判

動物病院でもらうときもありますが、基本的にネットのほうが安いのでネットで購入してます。ずっと飲ませないといけない薬だからこそ安く手に入れられるのは助かります。
甲状腺機能亢進症と診断された愛猫に投与中。まだ投与をはじめて短いですが、飲ませる前よりも楽そうにしている気がします。
副作用もなく効いているようです。だんだん症状もよくなってきました。

フェリマゾールの悪い評判

錠剤だから飲ませる猫によっては苦労します。うちは錠剤嫌いなのでいつも苦労してます。
飲ませ続けていたら副作用のような症状が出ました。ほかに使いやすそうな抗甲状腺薬がないか探してます。これは体に合ってないのかもしれないので。
薬のコーティングが少し固い気がする。割るときにちょっと苦労しました。

フェリマゾールの口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

見た目はほんとに薬で、やや飲みにくそうな感じがあります。うちの子も案の定、最初は全く飲んでくれません。でも、なんとか褒めたりしていくうちに飲んでくれるようになりました。おかげで甲状腺機能亢進症の症状もほとんど出なくなり、普段は元気に過ごすことができています。薬が苦手な猫ちゃんを飼っている方は最初苦労しそうな感じです。

症状がいつ出てもいいように、常に常備するようにしています。飲ませることで症状も落ち着いているので、うちの子には合っているお薬なんだと思います。また、値段もたくさん入っている割には安く、コストパフォーマンスも高いと思います。副作用は数えるくらいしか起こっていません、しか軽症ばかりです。時間が経てばすぐに治ります。

甲状腺機能亢進症の愛猫に飲ませようとしましたが、錠剤が嫌みたいで全然受け付けてくれないです。頑張って飲ませてみても、すぐに吐いてしまいます。そのため、いつも細かく砕いて無理やり飲ませるようにしています。まぁ、一応効いてくれるので薬そのものには満足しています。でも、毎回こんなことするのは面倒くさいので他の医薬品に変えたいです。

以前は処方してもらっていたのですが、仕事が忙しくて行けないことが多いのでネットで購入しています。何回もフェリマゾールは飲ませているのですが、副作用は1回も起こったことがないところが評価できます。症状はそこまで重くないこともあると思いますが、飲ませるとほとんどは改善されています。いつ発症するかわからないので、またまとめて購入しようと思います。

愛猫の食欲が異常にあり、動物病院で診てもらったら甲状腺機能亢進症と診断されてしまいました。そのときに処方してもらったお薬がこのフェリマゾールでした。これを飲ませると、甲状腺機能亢進症らしき症状がほとんど落ち着いてくれます。最近、同じような症状が出だしたので今度はネットで購入しています。届いた商品も全く同じで効果もちゃんとありました。

2年くらい前に愛犬が甲状腺機能亢進症になってしまい、必要以上の食事や水分の摂取で身体を壊してしまいました。 ひどいときは下痢や咳などの症状が続くことがありました。最初は私もあまり深く考えていませんでしたが、稀にがんにつながることがあるということを聞いてすぐ治さなければと思い、この薬を購入しました。はじめの間はやはり効果も薄かったのですが、除々に治り始めていき、今はほとんど症状をださなくなりました。またいつ症状が出るかわからないので、とりあえず常備できるようにしています。

甲状腺機能亢進症による愛犬の症状はこの薬でかなりマシになったけど、たまに食べたものを戻しちゃうことがあります。 副作用はあまりないと思っていたのに、うちのワンコの身体この薬をあまり快く思わなかったようです。

愛犬が甲状腺機能亢進症になり、去年から動物病院でお薬をもらっていました。 しかし、ネットで購入したほうがずっと安くつくので最近はずっとネット通販でお薬を購入しています。 いつでも購入できるので、服用を途中で止めないですむというのが気に入っています。

フェリマゾールの関連商品

電話番号
閉じる