【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して

ノミ・ダニ駆除薬を徹底比較!もう安心!愛犬・愛猫のノミ・ダニ駆除対策

ノミ・ダニ駆除薬ってどれが良いの?そんな疑問にお答えします!

犬や猫に寄生するノミやダニ。
フィラリアなどの寄生虫と比べると、命に係わるケースに発展することが少ないので軽視されがちですがノミやダニは人にも寄生するため、適切に駆除しておくことがペットと飼い主の健やかな生活には必要不可欠です。

現在では、駆除薬の種類は非常に多くなっており、様々なノミやダニに効果を発揮してくれます。その一方で駆除薬の種類が増えることは「どの駆除薬を使えばいいのか判断が難しい…」といった疑問を生み出してしまっています。

このページでは、そうした方に向けてどういった駆除薬がどういった種類のノミやダニに対して効果を発揮するのかについて紹介していきます。

ここを読めばあなたの愛犬・愛猫の症状にあった薬が見つかること請け合いです。

ノミ・ダニの被害ってどんな被害なの?

ノミやダニがペットである犬や猫に寄生した場合、どういった被害が起きるのでしょうか?

ノミやダニが寄生することによるリスクとして

・直接的な要因となるリスクには貧血や掻痒、アレルギー性皮膚炎

・間接的な要因となるリスクには瓜実条虫や病原菌の媒介があります。

また、ノミやダニが屋内で繁殖してしまうことによって、ペットだけでなく飼い主である人へ寄生してしまうリスクも孕んでいます。

繁殖してしまったノミやダニの増加量は非常に多いため、早めに駆除した場合と増殖してから駆除する場合では駆除にかかる時間や手間が大きく変わるため、定期的に駆除したり予防するといったことが必須です。

では、ここからはノミ・ダニの種類ごとに詳しく見ていきましょう。

ノミによる被害と症状

ノミ

ノミはシラミなどとも呼ばれる昆虫であり、体長が1mm以下の非常に小さいものから9mm程度まで幅広い大きさの種類がいます。
ノミの種類は非常に多く、1800種にも及ぶとも。そのすべての種類が、動物の体表に寄生して生きています。
衛生状態の向上と共に、国内ではあまり見る機会が少なくなっていますがゼロになっているわけではないため、犬や猫に寄生するリスクはあります。

犬や猫に寄生するノミはネコノミと呼ばれる種類であり、その生涯は寄生後1~5週間※とされています。
※寄生先が犬か猫か、宿主が行う毛づくろいの頻度によって大きく変化します。

短い場合でも1週間は宿主の元で生活するノミですが、寄生後数分で吸血を開始し1~2日後には産卵します。
とある研究では1匹のノミが1,800個近い卵を産卵したという報告があるほど。
しかも、卵から1週間もたたないうちに羽化するためその繁殖のペースはまさに爆発的と言えます。

ノミに噛まれた場合の症状

ノミに噛まれてしまった場合の症状として最も特徴的なのが痒みです。
足で顔や体を掻きむしっていたり、地面に体をこすりつけたり、皮膚の炎症や部分的な脱毛、フケの塊があるといったような症状があらわれます。

また、ノミに瓜実条虫が寄生している場合、毛づくろいでノミを舐めとってしまうと瓜実条虫に寄生されてしまう可能性もあります。

ノミ被害
ノミ被害
ノミ被害
ノミ被害

マダニによる被害と症状

マダニ

マダニは、ペットに寄生する大型のダニであり3~10mm程度の大きさの寄生虫です。
マダニの活動時期は、成長段階によって変動し大きくなると目視で確認することも可能です。

マダニは野生植物の葉の裏や草むらなどに潜んでおり、散歩などのタイミングで宿主となる犬や猫に寄生するといわれています。
宿主に寄生すると、鋭利な口で噛みつき吸血器官を噛みついた部分から挿入して吸血を行います。
この時、吸血期間からはセメントのような役割をする物質が分泌されることによって、ダニの体が食いついた状態で固定されます。
そのため、マダニは非常に7~10日間といった非常に長い期間吸血を行えるのです。

マダニに寄生された場合の症状

マダニがペットに寄生することによって発症する症状としては、貧血やアレルギー性皮膚炎、ダニ麻痺症や様々な疾患への感染があります。
宿主であるペットが小さい場合、規制されるマダニの量が多い場合、吸血量が多くなってしまい貧血状態になってしまいます。

マダニの唾液が原因物質となって強い痒みを引き起こすアレルギー性皮膚炎を引き起こします。

また一度、マダニはセメントのような物質を分泌し体を固定するため、食いついたダニを無理に引きはがすとダニの頭が切れて体内に残ったままになることがあります。
更に、引きはがすときに体を押し込んでしまうと、吸血した血液と共にマダニの体内に感染している病原菌を一緒に宿主の体内へ送り込んでしまうことになるため、感染症に感染する可能性もあります。

マダニが媒介となる感染症

マダニが媒介となる感染症の種類も非常に多く、日本紅斑熱やライム病、Q熱や回帰熱、ダニ媒介性脳炎などがあります。
中には、死に至るような感染症もあるので注意する必要があります。

日本でよくみられるマダニの中には、活動停止期があります。宿主に寄生後、十分に吸血を行った後に次の成長の為に活動を休止します。

この活動期間などについては、マダニの種類によって違いがあるため、一概に何時から何時までの時期だけ予防や対策していればいいというわけではありません。

マダニ被害
マダニ被害
マダニ被害
マダニ被害

ニキビダニによる被害と症状

ニキビダニ

ニキビダニとは、ダニという名前がついていますがマダニとは違って毛穴に寄生する寄生虫です。
ニキビダニ以外に、毛包虫といった名前で呼ばれることもあります。

主な感染経路は、ニキビダニに感染した親から子への接触感染が多いと考えられています。

ニキビダニの体長は0.3mmほどの非常に小さい寄生虫であり、寄生する場所とも相まって目視で確認するのは困難です。
また、感染したら必ず症状が発症するわけではなく、体力や免疫力の低下、遺伝要因など様々な要因が合わさって症状が発症するといわれています。

ニキビダニの寄生による症状

ニキビダニの寄生によって発症する症状は、寄生部分に部分的な炎症脱毛やかさぶた、色素沈着や化膿です。
ニキビダニ自体を目視で確認することは困難ですが、症状が発症した場合は感染の有無に関する確認は容易になります。

さまざまな症状があらわれますが痒みはあっても軽度だったり全くないため、頻繁に患部を掻きむしるといったような行為は見られません。

しかし、炎症した皮膚は健康な皮膚に比べ細菌に対する防御力が低下することによって、膿皮症などの二次感染が起きることもあります。
この二次感染によって、痒みや痛みが出てくる場合があり、患部を掻きむしることによって、更にニキビダニの感染や二次感染が重症化していってしまい最終的には取り返しのつかない状態に陥ることも

ニキビダニ被害
ニキビダニ被害
ニキビダニ被害
ニキビダニ被害

ヒゼンダニによる被害と症状

ニキビダニ

ヒゼンダニとは、疥癬虫とも呼ばれる寄生虫で体調は非常に小さく目視で確認することは基本的にできません。
野生の犬猫やタヌキ、野ウサギといった動物などが感染源となることが多く、野生の動物と触れ合う事によって感染してしまう場合があります。
また、ヒゼンダニは非常に高い寄生能力を持っており、ヒゼンダニに感染した犬がいる場合、同居している他のペットへ感染してしまうことも珍しくありません。
また、ヒゼンダニは人へも感染します
本来、人に寄生するヒゼンダニと犬猫に寄生するヒゼンダニは種類が違うものであるため、人に寄生しても長く生存することはできません。
それでも、寄生された場合は非常に強い痒みや皮膚の炎症を起こしてしまいます。

ヒゼンダニの寄生による症状

ヒゼンダニに寄生されると強い痒みを発症し、赤いぶつぶつやフケ、部分的な脱毛などが発生するようになります。
強い痒みを抑えるために皮膚に傷がつくまで掻きむしるといったことも珍しくなく、その傷から二次感染に繋がるおそれもあります。

また、ヒゼンダニによって発症する感染症には、

・ヒゼンダニの寄生が原因となる角化型疥癬

・ヒゼンダニに対して起きるアレルギー性疥癬

の2種類があります。

中でもアレルギー性感染の症状は、アトピー性皮膚炎と非常によく似ているためアトピー性皮膚炎と勘違いされることもあります。
そのため、アトピー性皮膚炎の治療を行っても症状の改善が見られない場合は疥癬の治療を行うことも珍しくありません。

ヒゼンダニ被害
ヒゼンダニ被害
ヒゼンダニ被害
ヒゼンダニ被害

耳ダニによる被害と症状

耳ダニ

耳ダニとはミミヒゼンダニと呼ばれる種類のダニです。
ヒゼンダニとは違い耳に寄生するという特徴がありますが、寄生することによって発症する症状や感染経路などにはヒゼンダニと大きな違いはありません。
体長に関しても、ヒゼンダニと同様に肉眼での目視は基本的にできません。
強い痒みがあらわれ、耳が傷つくまで掻きむしることによって他の皮膚感染症などの二次感染のリスクがあります。
ミミヒゼンダニに感染することによって発症する特徴的な症状の一つが、大量の黒い耳垢や臭いであるため、寄生の有無は目視でも容易です。

耳ダニ被害
耳ダニ被害
耳ダニ被害
耳ダニ被害

ノミ・ダニ駆除薬で愛犬・愛猫を守ろう!

犬と散歩

ノミやダニに寄生されてしまうと、様々な症状を発症してしまい、酷い場合には二次感染やそこから命が危険にさらされることもあります。
感染経路自体は、決まっているため、適切に把握して先ずは感染しないように日常生活の中で気をつけることが肝心です。

マダニであれば、散歩ルートに草むらがあれば草むらを避けるようなルートにする。
野生の犬や猫との接触が寄生するルートになるのであれば、野生動物と触れ合わせさせないようにするといった方法です。
そうしたことに気をつけていても寄生されてしまう場合はあります。
寄生されてしまったときは、適切に対処すれば完全に駆除することが可能ですし近年では、犬や猫に寄生するノミやダニに対して非常に高い駆除力を持つ駆除薬も増えています。

ノミの駆除方法

犬と散歩

ノミを駆除するための方法は数種類あります。
どの方法でも一定の効果を得ることができますが、駆除薬を利用が一番確実といえます。
駆除しきれなかった場合、残ったノミが繁殖することで再びノミは増殖し、症状が再発するケースもあります。
また、以前はノミを潰して駆除するのが一般的でしたが、この駆除法は厳禁です。
なぜなら、体内に卵を持っているノミを潰してしまうと、卵が飛び散り再びペットの体表に付着しそこから改めて繁殖してしまう可能性があり、駆除している様に見えて寄生を広げてしまうためです。
そのため、ノミを潰して駆除するのではなく、いかに潰さず卵が飛び散るのを防ぎながら駆除するのかが重要です。そこでノミを潰さず卵を飛散させないように駆除する方法をいくつか紹介します。

ノミ取りブラシやクシを使った方法

ノミ取りの方法として、もっとも手軽に行えるのがノミ取りブラシやクシをつかった駆除です。
非常に目の細かいクシを毛並みにそって梳かしてあげることで、ノミが目に詰まってノミだけを駆除できます。
非常に手軽に行えるノミ取りの駆除法ではありますが、この手法ではどうしても取り残しが出てしまうリスクが高いです。
また、目の細かいクシを使っての駆除となるため、全身のノミを駆除しようと考えると非常に長い時間がかかるため、根気のいる作業といえます。
また、クシで引きはがしたノミは死んでいるわけではないので適切に処理しなければ、再び犬や猫、飼い主に寄生して新たな被害を生み出す可能性もあります。

ノミ取りブラシやクシを使った方法①
ノミ取りブラシやクシを使った方法②
ノミ取りブラシやクシを使った方法③

シャンプーなどで駆除する方法

ノミ取りシャンプー

ノミ駆除の方法として、手軽に行える方法の一つがノミ取りシャンプーを使った駆除です。
現在では薬用シャンプーの種類も増えており、全身まとめてノミの駆除が行えるだけでなく皮膚のケアなども一緒に行ったりできるといったメリットがあります。

シャンプーを用いた駆除法は、効率的に広範囲に寄生したノミを一気に駆除できます。

しかし、ノミ取りシャンプーは全身に使うものであるため、駆除効果の強い成分を使う事ができません。

そのため、ノミ取りシャンプ―を使っても、確実に全てのノミを駆除しきるのは困難です。

また、シャンプー事態を嫌がる犬や猫は少なくないため、暴れることで屋内でノミが飛散してしまうといったリスクも考えられます。

駆除薬を使用して取る方法

駆除薬

ノミ駆除の最も効果的な方法とされているのは、駆除薬を使った方法です。
安全性も非常に高く、適切に駆除薬を使うことでノミの成虫を100%駆除することが可能となっています。

卵に対する駆虫効果はない場合もあるため、定期的な投与を行う必要があります。
ノミを完全に駆除した後は、それ以降の投与は必要ありません。しかし、予防的な観点※から定期的に投与するといったことも可能です。
※定期的に駆除薬を投与することで、駆除後に改めてノミに寄生されたとしても、ノミが増殖する前に駆除することができ症状の発症を防げます。

ダニの駆除方法

ダニに寄生された場合の駆除法も、ノミと同様に様々です。
適切に駆除しなかった場合は、改めて駆除する必要が出てきたり感染症に感染するリスクが高まるため適切な駆除を行うように心がけましょう。

血を吸って大きくなったダニは簡単に取れないので注意

ダニを摘むのは危険

ダニは寄生した後、宿主に噛みついてセメントのような物質を分泌して噛みついた箇所を固定します。そのため、宿主に噛みついたダニを摘み取るのは非常に困難です。
更に、血を吸って大きくなってしまったダニをピンセットや指でつまんで引きはがそうとすると、頭だけがペットの体内に残留してしまったり、押しつぶした拍子にダニが保菌している病原菌がペットの体内に入り込み、感染症に感染してしまう可能性があります。
そのため、物理的につまんで取り除いて駆除するのではなく駆除薬を用いて駆除することが重要です。

駆除薬などを使って安全に取ってあげよう

ダニ駆除薬

ダニの駆除において、ピンセットや指などで駆除するのはリスクが非常に高いです。
安全に駆除することを考えた場合は駆除薬を使うのが最適です。
現在では駆除薬にも様々な種類があり、それぞれのダニに対して効果を発揮するものが登場しています。
また、駆除薬自体の安全性も高まっていることから、安心して使っていただけます。

ノミ・ダニ駆除薬の購入と価格

ノミ・ダニの駆除薬の購入方法は、大きく分けて2パターンあります。
1つが病院で処方や投与してもらう方法、もう1つが通販を使って購入して投与する方法です。
ここからは、病院で処方してもらう場合と通販で購入する場合の価格の違いに焦点を当てて紹介していきます。

通販で購入した場合の比較

スポットオンタイプの場合

  動物病院 スマイルペット
  動物病院 犬猫
  24%OFF
内容量 1回 1箱3本
1本(1回)あたりの価格 1,700円 1,300円

チュアブルタイプの場合

  動物病院 スマイルペット
  動物病院 犬猫
  26%OFF
内容量 1回 1箱6錠
1本(1回)あたりの価格 1,600円 1,184円

通販を利用して購入した場合、スポットオンタイプとチュアブルタイプ共に20%以上も安価で購入することが可能です。

薬の効果は1か月継続程度継続するため、年間を通してノミ・ダニの駆除や予防を行った場合では、

・スポットオンタイプでは4,800円

・チュアブルタイプでは4,992円

もの費用を抑えることが可能です。

種類別のおすすめノミ・ダニ駆除薬

ノミやダニの種類は多く、それぞれの種類ごとに効果がある駆除薬、効果がない駆除薬があります。
ここからは、ノミやダニの種類ごとに効果のある駆除薬を紹介していきます。
犬や猫に寄生するノミやマダニの種類は大まかに分類すると下記になります。

駆除したい害虫をクリック!

ノミに効果があるお薬紹介

中型犬犬用のノミ駆除薬

症状や害虫を選び直す

ネクスガード
  • チュアブル

ネクスガード

4,500円

アフォキソラネルが有効性分のノミダニ駆除薬。6時間以内のノミ駆除効果や24時間以内のマダニ駆除効果といった効果の即効性が特徴です。効果の持続時間も1か月あるため産卵後に寄生が発覚しても駆除が可能です。

ベクトラ3D
  • スポットオン

ベクトラ3D

3,700円

ジノフラテンとペルトメトリン、ピリプロキシフェンと3つの有効成分がそれぞれノミ、マダニ、卵や幼虫に作用することで、ノミダニを死滅させます。スポットオンタイプなので投与も簡単であるため、ストレスを与えず投与が可能。

コンフォティス
  • 錠剤

コンフォティス

8,500円

スピノサドが有効成分のノミダニ駆除薬です。4時間以内に100%ノミを駆除するという効果の報告もある即効性の高い駆除薬です。錠剤タイプなので好き嫌いが別れますが、投与後のシャンプーや水浴びなども可能です。

小型猫猫用のノミ駆除薬

症状や害虫を選び直す

フロントラインスプレー
  • スプレー

フロントラインスプレー

2,800円

スプレータイプのノミダニ駆除薬です。有効成分は、フィプロニル。高い安全性を誇る成分であり、スプレータイプの駆除薬であるため投与が他のタイプに比べて容易であるという特徴があります。

メロニルプラス
  • スポットオン

メロニルプラス

2,100円

フィプロニルとメトプレンを配合したフロントラインプラスのジェネリック医薬品です。スポットオンタイプで猫にも投与が簡単なノミダニ駆除薬であり、副作用のリスクも小さいという特徴があります。

フロントラインプラス
  • スポットオン

フロントラインプラス

3,900円

有効成分にフィプロニルとメトプレンを配合したノミダニ駆除薬です。投与後24時間で全身に広がりノミダニを駆除します。1か月程度も効果が持続するため、駆除だけでなく再寄生を予防する効果も持ち合わせています。

他のノミ駆除薬を見てみる

マダニに効果があるお薬紹介

中型犬犬用のマダニ駆除薬

症状や害虫を選び直す

プラクティック
  • スポットオン

プラクティック

2,900円

ピリプロールが有効成分の犬用ノミダニ駆除薬です。多剤耐性のノミに対しても効果が期待できる駆除薬で、速乾性であるため投与箇所のベタつきなどもほとんど気にならないという特徴があります。

ネクスガード
  • チュアブル

ネクスガード

4,500円

副作用リスクが小さいと言われるアフォキソラネルを配合したノミダニ駆除薬です。チュアブルタイプで投与が簡単で、24時間以内にノミやダニの駆除が完了するという即効性も持ち合わせています。

コンフォティス
  • 錠剤

コンフォティス

8,500円

コンフォティスは錠剤タイプのノミダニ駆除薬です。有効成分であるスピノサドは投与後30分から駆除効果を発揮する高い即効性を持っており、ノミダニが引き起こす二次感染などを防ぎ、素早く改善へと導きます。

小型猫猫用のマダニ駆除薬

症状や害虫を選び直す

フロントラインプラス
  • スポットオン

フロントラインプラス

3,900円

スポットオンタイプのノミダニ駆除薬です。ノミダニの駆除に効果を持つフィプロニルと、幼虫の成長を止めるメトプレンを配合しており、駆除と予防の2つの効果を持ち合わせています。

ベクトラフェリス
  • スポットオン

ベクトラフェリス

3,400円

投薬が容易なスポットオンタイプのノミダニ駆除薬で、有効成分はジノンテフランとピリプロキシフェンです。脊椎動物である猫や人に対して影響が少ないため、安全性が高いという特徴を持っています。

シンパリカ
  • 錠剤

シンパリカ

4,500円

新開発の有効成分であるサロラネルを配合したノミダニ駆除薬です。ノミは3時間、マダニは8時間で駆除効果を発揮し、効果持続も30日以上と長くなっています。副作用のリスクも少なくなっています。

他のマダニ駆除薬を見てみる

ニキビダニ・ヒゼンダニに効果があるお薬紹介

中型犬犬用のニキビダニ・ヒゼンダニ駆除薬

症状や害虫を選び直す

ブラベクト
  • チュアブル

ブラベクト

6,600円

フルララネルが有効成分のノミダニ駆除薬です。チュアブルタイプであり投与が容易でありながら、効果時間が3ヶ月と非常に長いという特徴を持ち合わせています。3カ月に1度の投与で済むため、投与の負担を軽減できます。

ネクスガード
  • チュアブル

ネクスガード

4,500円

1日でノミダニを駆除することができる成分、アフォキソラネルを配合しています。チュアブルタイプで投与の負担が少なく、効果が1ヶ月持続するため駆除だけでなく卵の状態のノミやダニの再寄生なども防げます。

アドボケート
  • スポットオン

アドボケート

5,000円

モキシデクチンとイミダクロプリドを配合したオールインワン予防薬です。ノミダニに対する効果だけでなく、フィラリアに対しても効果を発揮するため、フィラリア予防薬を別途で投与する負担がありません。

小型猫猫用のニキビダニ・ヒゼンダニ駆除薬

症状や害虫を選び直す

アドボケート
  • スポットオン

アドボケート

5,000円

スポットオンタイプのオールインワン薬です。ノミやダニ以外にも、フィラリアにも効果を発揮します。スポットオンタイプで投与も容易で、フィラリアの予防も可能です。

レボリューション
  • スポットオン

レボリューション

4,200円

フィラリアとノミダニに対して効果を持つオールインワン予防薬です。有効成分はセラメクチンで耳ダニにも効果を発揮します。速乾性で投与後2時間後にシャンプーすることも可能なため、投与後の負担も少なくなっています。

ストロングホールド
  • スポットオン

ストロングホールド

3,200円

セラメクチンを有効成分としたスポットオンタイプの予防薬です。ノミダニと共にフィラリアにも効果を発揮します。効果があらわれるまでに必要な時間も短く24時間以内に寄生しているノミを駆除します。駆除効果は1か月継続するため再感染の予防にも。

他のニキビダニ・ヒゼンダニ駆除薬を見てみる

耳ダニに効果があるお薬紹介

中型犬犬用の耳ダニ駆除薬

症状や害虫を選び直す

トロイイヤードロップス
  • 点耳薬

トロイイヤードロップス

2,300円

耳ダニ駆除のための点耳薬です。ジクロロフェンを有効成分としており、高い殺菌効果を持っているため、二次感染の予防も可能です。投与自体は容易であるため、投与の負担が小さいという特徴もあります。

レボリューション
  • スポットオン

レボリューション

4,200円

高いノミダニ駆除効果と共にフィラリアに対しても効果を発揮するセラメクチンを配合しています。オールインワンタイプの駆除薬なので、1つでフィラリア予防までできるという特徴を持っています。

ストロングホールドプラス
  • スポットオン

ストロングホールドプラス

4,900円

従来のストロングホールドに効果がプラスされたタイプのオールインワンタイプの予防薬です。従来のストロングホールドでは効果がなかった、マダニに対しても効果を期待できるようになっています。

小型猫猫用の耳ダニ駆除薬

症状や害虫を選び直す

トロイイヤードロップス
  • 点耳薬

トロイイヤードロップス

2,300円

点耳タイプの耳ダニ駆除薬です。耳に直接滴下して使うため、犬猫が苦手とする場合もあります。高いノミダニ駆除効果を持つジクロロフェンを有効成分としています。卵に対しての駆除効果はない為定期的な投与が必要です。

レボリューション
  • スポットオン

レボリューション

4,200円

猫に対しても簡単に投与できるスポットオンタイプのオールインワン予防薬です。毎月のフィラリア予防と共にノミダニの駆除や予防を同時に行う事が可能となるため、費用負担を抑えることが可能になるケースもあります。

ストロングホールドプラス
  • スポットオン

ストロングホールドプラス

4,900円

バイアグラを開発したファイザーのアニマルヘルス事業として分社したゾエティヅから販売されているノミダニ、フィラリア予防薬です。高い信頼性を持つゾエティスから販売されており、投与も簡単であるため初めて予防薬所を行う人にも使われています。

他の耳ダニ駆除薬を見てみる

愛犬・愛猫の健康を守るために

ペットを抱える獣医

愛犬や愛猫をノミやダニの被害から守ってあげることは非常に重要です。

ノミやダニに寄生されることによって、飼い主や多頭飼育している場合は別の愛猫や愛犬への二次感染といった様々なリスクがあります。

今では、このページで紹介している様に、様々な種類のノミやダニに対して高い効果を持っている駆除薬があります。
しかし、それぞれの駆除薬で有効成分が違っていたり投与方法が異なっていたりします。
有効成分が違えば、副作用やアレルギーなどのリスクも出てきますし、飼っている愛犬や愛猫によって苦手な種類の薬があったりします。
そのため、飼っている愛犬や愛猫に適した駆除薬を利用することが重要です。
※初めて利用する駆除薬で強い副作用が現れた場合は、飼い主自身で何とかしようと考えず速やかに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

駆除薬を使用せずに手で駆除するのは危険

渋い顔をする医者

駆除薬を使わずにクシや手でノミやダニを駆除するという方法もありますが、吸血された血液の逆流によって愛犬や愛猫がノミやダニが保菌する感染症に感染したり、駆除のタイミングでノミやダニに触れた飼い主が感染症に感染するリスクがあるため危険です。

さまざまなタイプの駆除薬が登場したことによって、ノミやダニが容易になっていますが何よりも大切なことはノミやダニが寄生しないように飼い主が愛犬や愛猫を守ってあげることです。
例えば、ノミやダニに寄生されそうな場所を散歩の時に避けたり、野生動物との接触を避けさせるといったことでも寄生リスクは下がります。
その上で、定期的に駆除薬を投与することで寄生されても被害を最小限に抑えられるようにすることが肝心です。

スマイルペットではお得にノミ・ダニ駆除薬が購入できます。

会員登録でポイントプレゼント中

ノミやダニの駆除に効果を発揮するノミ・ダニ駆除薬は、当サイトでも多数取り扱っています。
今なら会員登録ですぐに利用して頂けるポイントをプレゼント中!
また、登録会員の皆様へは不定期にメールマガジンにてクーポンを配布しております。
ポイントやクーポンをご利用いただく事で、お得にノミ・ダニ駆除薬を購入して頂けます。

お買い物と会員登録の方法はこちらから

閉じる