発見が遅れると手術が必要になる!?肛門嚢炎

肛門嚢炎(こうもんのうえん)とは肛門嚢という肛門の近くに存在する器官に炎症を起こす病気です。猫よりも犬に多い病気になっていて、主に肛門嚢の中に存在する分泌物をうまく排出できないのが原因です。

この炎症を放置すると重い症状を招く場合もあるため早期発見、早期治療が大切になっています。

【症状】肛門嚢炎の症状

肛門嚢炎の症状は肛門の炎症により痒みを伴うためお尻を気にするような様子や地面に擦り付けるなどの行動がみられます。また肛門の周りの皮膚が荒れてしまい出血する場合もあります。

肛門の炎症が酷くなると化膿や発熱、食欲低下などの症状が現れます。さらに症状が悪化する場合、肛門嚢が破裂してしまう場合もあります。

また肛門の炎症などにより排便の際、痛みが出るためトイレを我慢して便秘になる症状もみられます。

【原因】肛門嚢内の原因

肛門嚢炎は肛門嚢内の分泌物をうまく排出できず発症する病気です。この分泌物は主に散歩などの際でのマーキングや犬同士のお尻を匂い合うコミュニケーションなどの際に使用されています。この分泌物が肛門嚢内にとどまることが肛門嚢の炎症原因となります。

この分泌物がうまく排出できない原因の1つとして、体の老化や運動不足での筋力低下により排出する働きが弱ることがあげられます。この症状をほっておくと分泌物が肛門嚢中に溜まってしまい最終的に肛門嚢の化膿や破裂の原因になってしまいます。

また、ストレスや肥満、老化などにより肛門嚢へ分泌物が溜まりやすい傾向にあり、炎症を起こしやすくなります。その他軟便や下痢が続くことによって肛門の周りが不衛生になり細菌感染の原因になります。

【治療】肛門嚢内の治療法

肛門嚢炎の治療法は肛門嚢の炎症などを抑えるために抗炎症剤や抗生剤の内服などを施します。その他定期的に肛門嚢内の分泌物を搾り出したり肛門嚢内部をカテーテル(細い管)で洗浄し、分泌物を排出させ内部の消毒を行います。

投薬による治療に効果がみられない場合は手術により肛門嚢を切除し摘出します。この手術には肛門嚢と肛門をつなぐ管を残し肛門嚢のみを摘出する場合と、肛門嚢も管も全て摘出する場合があり、それぞれメリット、デメリットがあるため獣医師との相談が必要です。

【予防】肛門嚢内の予防

肛門嚢炎の予防法は定期的に肛門嚢内の分泌物を排出することが大切です。これは自宅でも行うこともできますが、うまくいかない場合は動物病院やトリミングサロン等で施してくれます。

また、運動不足や老化での筋力低下により排出する働きが弱ることが原因としてありますが、これは日々運動することで予防できることなので毎日の散歩に連れて行きましょう。

この病気は重症になると手術が必要になる場合もありますが、早期発見することで比較的簡単に治療する事ができるため、飼い主が普段からペットの様子を観察し、症状にいち早く気づき、病院に連れて行くことが大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる