体の中に石ができる?犬・猫の尿路結石症って?

尿路結石症(尿石症)は犬・猫ともに比較的発症しやすい病気で、尿道や膀胱、尿管などの中で結晶や結石が詰まり、排尿のときに痛みを伴う病気です。

これらの結晶結石にはシスチン、尿酸塩、ストラバイト結石、シュウ酸カルシウムなどが含ままれており、結晶結石ができる場所によって症状が異なります。

【症状】トイレの回数が増える

尿路結石の主な症状は、排尿の際痛そうに鳴く、血尿が出る、落ち着きがなくなる、トイレの回数が増えるにもかかわらず一度の量が少ない、トイレを我慢して膀胱が膨らんでしまうなどがあります。

腎結石

腎結石(腎臓結石)は腎臓に結石ができる病気で、その原因は現在明らかになっていません。腎結石の主な特徴ははっきりとした症状が表に現れないことです。主に腎盂腎炎など他の病気を患った際にレントゲンにより発見されることがあります。

膀胱結石

尿路結石の中で一番多い症状は膀胱結石です。主な症状は排尿の回数が多くなり、血尿がよく出るようになります。膀胱の中で成長する結石は数センチに及ぶこともあり手術を施すこともあります。

【原因】偏った食事が原因?

犬の場合

尿路結石は主に食生活の偏りが原因で発症する病気ですので、タンパク質、カルシウムなどのミネラルの高い食事を過剰摂取すると尿路結石の原因となります。また、高齢犬や雄犬は発症しやすくなる傾向があります。

猫の場合

猫の場合はもともと砂漠で生息していたこともあり積極的に水分を取らない傾向があります。そのため水分不足に陥ってしまい尿路結石ができやすくなってしまいます。

その他の原因としては主にドライフードや低品質のキャットフードなどの食生活が原因に考えられるほか、猫はきれい好きのためトイレが汚い場合、排尿を我慢する傾向があり、それにより膀胱炎を引き起こし、尿路結石に繋がることもあります。

【治療】手術することも

尿路結石症の治療は、結晶や結石の大きさによって治療法が変わっていきます。砂状の細かな結石が尿道に詰まっている場合は、カテーテルという細い管を使用して結石を洗い流す方法があります。また点滴などにより水分を摂取して排尿の量を増やすことにより結石を流す方法もあります。大きな結石が見つかった場合は手術により摘出するのが一般的です。

【予防】飼い主の協力が大切

尿路結石の予防で大切なのは、結石の原因となるタンパク質やカルシウムなどに偏らないバランスのいい食事をとることです。サプリメントや手作りフードをうまく組み合わせ、愛犬・愛猫の健康を意識したバランスの良い食事をお勧めします。

尿路結石が発症したペットの多くは再発することが知られていているので、この病気にかかったときに大切なのは再発防止です。バランスのいい食事やトイレをキレイに保つようにし、生活環境に気を配るようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる