肛門嚢炎ってどんな病気?飼い主なら知っておきたい予防法とは?

肛門嚢炎は、細菌感染などによって肛門嚢に炎症が起きる病気です。通常、肛門嚢の分泌物は排便時や興奮した時に自然に排出されますが、さまざまな原因によってそれが排出されずに溜まって炎症を起こします。お尻をしきりに舐めたり地面にこすりつけたりといった行動から、症状が悪化する前に早めに気づいてあげたいものです。

 

【症状】肛門の痛みや不快感

肛門嚢は肛門の左右にある袋状の臭腺です。この肛門嚢に炎症が起きると、肛門付近に痛みや不快感が生じ、お尻を舐めたり、床にこすりつけたり、自分の尻尾を追うような行動をするようになります。症状が悪化すると痛みが激しくなり、排便が困難になったり、触ろうとすると嫌がったり攻撃的になったりといった症状がみられるようになります。さらにひどくなると、肛門嚢が破れて皮膚に穴が開いたようになり、血や膿が混じった液体が出てきます。

犬だけでなく猫も肛門嚢炎になりますが、痛みを感じて床にお尻をこすりつけるしぐさは犬に多く、猫の場合は舐めたり噛んだりすることでお尻の周りに脱毛が見られたりします。

 

【原因】肛門嚢の分泌物が溜まる原因とは

肛門嚢から出る分泌物は通常ならば排便の際や興奮時に排出されますが、排出する力の弱い小型犬や排出しにくい体質の犬は分泌物が溜まる傾向にあります。また、下痢や便秘などの体調不良やストレス、細菌感染、加齢による筋力低下、肥満などによっても分泌物の排出不足が引き起こされ、肛門嚢の分泌物が過剰に溜まる結果となります。この状態を放置すると、肛門周辺の汚れなどから細菌感染が起こり炎症が生じます。さらに進行すると、行き場を失った分泌物が皮膚を破って肛門嚢破裂を引き起こします。

 

【治療】軽度なら内科的治療

まずは肛門嚢を絞って溜まった分泌物を排出させ、症状が軽度であれば抗生物質の投与で化膿を抑えます。化膿が進行している場合には外科的処置による排膿・洗浄を行いますが、早期発見ならば麻酔をせずに簡単な処置で済むこともあります。慢性化して再発を繰り返すケースでは、肛門嚢を摘出する手術を行う方法もあります。

 

【予防】定期的に肛門嚢を絞って予防する

犬や猫の体質によって分泌物が溜まりやすい、もしくは溜まりにくいという差はありますが、一ヶ月に一回くらい定期的に肛門嚢を絞ってあげることで予防が可能です。犬であればシャンプーの際などに絞ることを習慣にして、自分では難しい場合には動物病院などで絞ってもらいましょう。ふだんからお尻付近をよく観察して、清潔に保ってあげることも大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる