肛門周囲腺腫とはどんな病気?去勢手術を受けていない高齢のオスは要注意!

肛門周囲腺腫とは、肛門の周りにある皮脂腺と汗腺が腫瘍化する病気です。去勢手術を受けていない高齢のオスに多く見られますが、腫瘍が小さいうちであれば外科手術での切除で治療します。ふだんから排便の様子を観察し、気になることがあれば早めに受信するようにしましょう。

 

【症状】肛門周辺にしこりができる

肛門周囲腺腫は犬特有の病気で、通常では肛門付近の毛の生えていない部分に硬いしこり(主要)ができます。この部分は肛門周囲腺という皮脂腺と汗腺で、まれに毛の生えている部分や尻尾の部分などにもできることもあります。これができると犬はしきりにおしりを舐めたり噛んだりして、皮膚が破れて出血したり、細菌感染のために化膿したりします。そのため、肛門付近のにおいがきつくなったり、痛みで排便が困難になったりと症状が悪化していきます。回復せずに進行すると細菌感染が広がって、マーキング用のにおいを分泌している肛門嚢まで炎症が広がり、肛門嚢炎を併発する場合もあります。

 

【原因】加齢によるホルモンバランスの崩れ

肛門周囲腺腫は去勢手術を受けていない高齢のオスに多く見られるため、加齢によって男性ホルモンのバランスが不安定になることが一因とされています。肛門を囲んでいる皮脂や汗を分泌する肛門周囲腺が腫瘍化してしまった状態で悪性と良性がありますが、ときに良性が悪性に変化するケースもあります。メスや去勢したオスにはほとんど発生しませんが、ごくまれに発生することがあり、その場合は悪性腫瘍であることがほとんどです。

 

【治療】外科手術による治療

主に、腫瘍を切除する外科手術を行います。細胞が少しでも残ってしまうと再発する可能性が高いため、腫瘍の周囲を大きく切り取る必要があります。しかし、肛門の皮膚は排便のために収縮しなければならず、切除できる範囲にも限りがあるため、できるだけ腫瘍が小さいうちに手術することが重要です。腫瘍が大きい場合にはホルモン剤や放射線療法で小さくしてから手術する場合もあります。

 

【予防】去勢手術することが有効

若いうちに去勢手術を受けることが一番の予防になります。繁殖の予定がなければ、病気予防の観点からも医師と相談して去勢手術を考慮することも方法のひとつです。早めに気づいて治療を開始し、腫瘍が小さいうちなら取り除くことができるので、ふだんから排便の様子をチェックして、回数が増えた、排便に時間がかかる、肛門付近を舐めるなど、気になることがあれば早めに病院で受診しましょう。細菌感染を防ぐために、おしり周りを清潔に保つ習慣をつけることも大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる