結石ができる要因とは?尿道結石の症状と原因について

泌尿器系に結石ができる病気をまとめて尿路結石症といい、そのうち尿道に結石が詰まるものを尿道結石といいます。発症すると排尿が困難になり、症状が進行すると膀胱破裂や腎不全など深刻な状態を引き起こすこともあります。尿道が細いオスのほうがなりやすく、細菌感染による膀胱炎や食事バランス、水分摂取量の不足、体質などが要因と言われています。

 

【症状】少量のみ出る頻尿や排尿困難、血尿など

尿道結石になると、結石が尿道をふさいで尿が出にくくなったり、排尿の時に痛みを感じたりします。結石による刺激によって炎症が起き、少量のおしっこを繰り返す頻尿や、尿に血が混じるなどの症状があらわれます。尿が出ない状態を放置してしまうと、急性腎不全から尿毒症を引き起こす場合もあり、命が危険な状態になることもあります。

 

【原因】結石が形成される要因とは

尿道結石は、肝臓や膀胱で作られた結石が尿道に流れてきて詰まっている状態です。結石の種類も、ストラバイト結石、シュウ酸カルシウム結石、尿酸アンモニウム結石、シスチン結石、ケイ酸塩尿結石、シリカ結石などさまざまです。このうち、細菌性膀胱炎などの尿路結石症が原因で尿がアルカリ化を起こして形成されるストラバイト結石がもっとも多く見られます。また、水分摂取量が少なく尿が濃縮することから結石ができるケースや、マグネシウム・カルシウム・リン酸などを多く含む食事をとることも、結石形成の要因としてあげられています。

 

【治療】結石の種類や大きさに応じた治療

治療は、結石の種類や大きさに応じた方法を選択することになります。まずは尿道内にある結石を膀胱まで押し戻して詰まりを解消する処置をとり、もし大きさによって押し戻せない場合には外科的手術で摘出が必要になる場合もあります。結石の種類によっては結石溶解療法食で結石を溶解する方法がとられることもあります。また、膀胱内に押し戻された結石が残っていれば、外科手術で除去することもあります。

 

【予防】膀胱炎にかからないことも予防法のひとつ

結石形成の原因のひとつでもある細菌性の膀胱炎にかからないようにすることも、尿道結石の予防につながります。飼育環境や外陰部を清潔に保ち、いつでも飲めるよう新鮮な水を用意し、排泄を我慢しないようにトイレの場所や衛星にも配慮してあげましょう。尿道結石は体質も関係しているので、結石ができやすい体質であれば専用の処方食を与えたり、食事のバランスに気を付けてあげることも大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる