糸球体腎炎ってどんな病気?どんな症状が出るの?

糸球体とは、腎臓内にあるネフロンという部分にある毛細血管で、血液をろ過するはたらきをします。この糸球体が炎症を起こした状態を、糸球体腎炎といいます。いくつかの関連する病気によって引き起こされる疾患で、その原因となる病気によって症状もさまざまです。また、7歳以上の年齢の犬によくみられる疾患でもあります。

 

【症状】タンパク尿から合併症へ

糸球体が炎症によって傷つくと、普段は出ないはずのタンパクが漏れ出てタンパク尿になります。タンパク尿の症状が軽度であれば無症状、もしくは少し元気がなくなったり、体重が減ったりします。しかしタンパク尿の状態が続くとむくみや腹水がみられ、さらに重度になると合併症を引き起こします。合併症として腎不全を発症すると、多尿、吐き気や嘔吐、食欲不振、脱水などの症状が現れます。高血圧症を発症した場合には、眼底出血や網膜剥離によって失明するおそれがあります。また、血栓塞栓症を併発することもあります。

 

【原因】免疫が関係しているといわれる

糸球体腎炎の明確な原因はわかっていませんが、免疫が関係していると推測されています。糸球体腎炎と関連の高い病気がいくつかあげられており、フィラリア症、ライム病、子宮蓄膿症、犬伝染性肝炎、リンパ球性白血病、リンパ腫、免疫介在性溶血性貧血、膵炎、クッシング症候群などが発症と関係しているといわれています。また、糸球体腎炎になりやすい犬種がある程度特定されていて遺伝性要因も考えられます。発症がよくみられる犬種は、サモエド、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ブルテリア、ドーベルマン、バーニーズマウンテン、ロットワイラー、ゴールデン・レトリバーなどです。

 

【治療】原因となる病気の治療

糸球体腎炎の原因となっている病気を特定し、その治療を行います。同時に、腎不全や高血圧、血栓塞栓症などの症状があれば、その治療も並行して行われます。

 

【予防】原因となる病気の予防を心がける

糸球体腎炎には明確な予防法はありません。原因となりうる病気を発症しないよう、予防できるものは予防につとめましょう。バランスの良い食事を与え、適度な運動をさせるよう心がけましょう。ストレスなく健康的に過ごせるよう生活環境を整えてあげることも大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる