尿が止まらなくなってしまう?腎盂腎炎とは??

腎盂腎炎(じんうじんえん)とは、腎臓の中にある腎盂と呼ばれる部分が炎症を起こす病気です。腎盂とは腎臓と尿管の接続部で、漏斗状に広がっている部分のことです。腎盂の炎症は、腎盂だけに留まらず周囲に広がり、腎臓全体的な機能不全に陥ります。膀胱炎などに罹ると細菌が尿路をさかのぼって腎盂まで進入して腎盂腎炎になります。また、急性と慢性があり、腎臓の機能が低下する慢性腎不全になると命に関わる病気にかかりやすくなります。

【症状】腎盂腎炎の症状

腎盂腎炎には急性と慢性があり、急性の場合は、膀胱炎と同じような症状と似ていて多飲多尿、食欲低下、元気の低下、血尿、発熱や嘔吐、腎臓の圧痛(腹部の痛み)、濁った匂いの強い尿がでます。慢性の場合、多飲多尿の症状が長く続いてそれ以外は無症状のことが多く、無症状で気づかないためだけに、病気が徐々に慢性腎不全に進行していき気づいた時には命に関わる危険な状態のことがあります。また、排他量が非常に多く、水分をたくさん飲み、尿の回数が増えて、臭いのきつい濁った尿が出ます。腎盂腎炎は、『副甲状腺機能亢進症』、『慢性腎不全』、『尿毒症』などを引き起こす原因にもなります。

【原因】腎盂腎炎の原因

腎盂腎炎の発症原因は、細菌感染です。最初は尿管や膀胱などの尿路に感染します。また、そのウィルスが腎組織から尿と一緒に送られて腎盂に広がり、免疫反応によって炎症を起こします。膀胱炎にかかっている場合も、膀胱内の細菌が尿路を通じて移動し、腎盂で炎症を起こします。他にもペットが尿路に外傷を負ったことにより、細菌が入り込み腎盂まで感染してしまうことがあります。

【治療】腎盂腎炎の治療

腎盂腎炎の治療では、まず腎盂の炎症を抑えることから始めます。腎盂の炎症の原因を特定し、細菌を抑える投薬治療を行います。抗生物質の投与を継続的に行って、膀胱炎を併発している場合は膀胱炎の治療を行います。また、別の疾患を併発しているようなら、そのつどその疾患の症状の軽減を目的とした治療が施されます。

【予防】腎盂腎炎の予防

日頃から尿路感染を発症しないように定期的な尿検査を受けましょう。また、十分に水分を摂取することも尿路感染予防には欠かせません。細菌感染させないために生活環境を整え、体力のつく良質な食事を与えて体力をつけさせることも心がけるようにしましょう。この病気は、慢性の場合症状が少ないですが、なるべく早期発見をして、病態を悪化させないようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる