結石はどうして作られる?尿路結石症の症状と原因、予防法について

腎臓で作られた尿が、体外に排出される際に通る通路を尿路といい、そこへ石のような結石ができてしまう病気を尿路結石症といいます。尿路結石症は犬や猫に比較的多く見られる病気で、結石が膀胱を傷つけたり尿路をふさいで尿が出にくくなるなどの症状があらわれます。

 

【症状】排尿時にさまざまな障害が生じる

尿路に結石ができる尿路結石症にかかると、排尿にさまざまな障害が生じます。排尿のたびに痛みを感じてないたり、何度もトイレに行く、尿に血が混じる、トイレに行っても排尿の量が少ないかもしくは出ない、などの異変がみられるようになります。症状が進行すると、結石が尿路をふさいでしまうために排尿ができなくなって膀胱がパンパンにふくれ、放置すると急性腎不全や尿毒症を発症して命にかかわる場合もあります。

 

【原因】尿路結石が形成される要因とは

体内の老廃物の中には尿中で結晶を作るものがあり、それが滞ってほかのミネラル成分などと結合して結石になってしまうことがあります。結石の種類にはストルバイト結石・シュウ酸カルシウム結石・尿酸塩結石・シスチン結石・シリカ結石などがありますが、犬や猫に多いのはストルバイト結石です。結晶化するメカニズムはまだはっきりしていませんが、細菌感染による膀胱炎、水分摂取量の不足、ホルモンや代謝の乱れなどが関連要因としてあげられています。リン酸・マグネシウム・カルシウムなどを過剰摂取する食生活も要因のひとつであり、さらに特定の犬種では尿路結石ができやすく、遺伝的要因も推測されています。

 

【治療】尿路結石症の治療法とは

結石の大きさや種類を特定して治療を行います。結石が小さく軽症の場合は、カテーテルで洗い流したり、点滴によって尿の量を増やし体外への排出をうながしたり、抗生物質など投与して治療を行います。砂状ではなく大きな結石がある場合は、外科手術を行い結石を取り除きます。結石の種類によっては、尿を酸性にして結石を溶かす食事療法もありますが、この方法は徹底的な食事管理を生涯にわたって行う必要があります。

 

【予防】結石ができないように心がけること

尿路結石症の予防法としては、まず原因となる膀胱炎にかからないように注意することです。陰部を清潔に保ち、いつでも飲めるように新鮮な水を用意しておき、排尿を我慢することがないようにトイレはいつもきれいにしておきましょう。尿中の老廃物が結石になってしまう前に体外に排出できるよう、排尿量を増やして尿を濃くしないことが大切です。適度な運動も、飲む水の量を増やす効果があり予防につながります。

一度結石ができてしまうと、再発しやすいのが尿路結石症です。この病気の予防および再発防止として有効なのが食事管理です。ミネラルバランスがよく尿のpHを適切にコントロールする専用フードを利用することが勧められます。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる