ノミはどんな症状を引き起こすの?

ノミは犬・猫の体表や被毛の中にひそみ、血を吸って寄生します。吸血するだけでなく皮膚炎などさまざまな病気を引き起こし、激しいかゆみはペットに精神的なストレスももたらします。また、人間にまで病害を与えることがあるので注意が必要です。

 

犬や猫に引き起こす症状

(1)ノミアレルギー性皮膚炎

ノミの唾液や糞がアレルゲンとなりアレルギーを引き起こします。お尻から尾のつけ根に発症することが多く、赤み、かゆみ、発疹、脱毛などの症状があらわれます。はげしいかゆみのために患部をしきりになめたり引っ掻いたりするので、二次的に細菌感染を起こすこともあります。一度かかるとその後は少数のノミの寄生によっても皮膚炎を再発するため、完治には長期間の治療が必要であるとされています。

(2)瓜実条虫症

瓜実条虫はサナダムシともよばれ、体長50cm以上になることもある細長く平べったい形をしたノミが媒介する寄生虫です。ノミの幼虫が瓜実条虫の卵を食べることで体内に寄生し、犬や猫がグルーミングなどでノミを飲みこむと瓜実条虫が小腸に寄生します。下痢やおう吐、体重減少、腹部の不快感などの症状があらわれ、条虫の片節が糞や肛門周辺に付着しているのが見られることがあります。

(3)その他の症状

大量のノミに寄生された場合、吸血されたことによって貧血を起こす危険性があります。とくに子犬や子猫では注意が必要です。また、刺された個所を掻きむしってできた傷に細菌が侵入して炎症・化膿などを起こしたり、被毛の状態が悪くなり毛ヅヤがなくなることもあります。

 

ノミによる人への病害

(1)猫ひっかき病

ノミが媒介するバルトネラ菌が、猫に引っかかれたり咬まれたりする際に猫の爪や口腔内を経由して人に感染します。犬や猫は症状が出ることがほとんどないため、飼い主が感染・発症するまで気がつかないケースが多いようです。患部が化膿したり、リンパ節の腫れ、発熱、頭痛、体のだるさなどの症状があらわれます。

(2)ノミ刺咬症

人がノミに刺されると、ノミの唾液がアレルゲンとなり激しいかゆみが起こります。患部を掻くことで細菌感染し、ひどくなると水ぶくれなどができることもあります。

(3)瓜実条虫症

犬や猫に感染するケースと同様に、ノミをつぶしたりすることで手などに付着し、誤って口から体内へ侵入し感染します。症状が出ない場合も多いものの、ときには下痢や腹痛を引き起こすこともあります。とくに子供などは注意が必要ですが、人間用の駆虫薬で治療が可能です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる