もしもフィラリア症にかかってしまったらどんな症状が出るの? 

犬を飼っている人なら、フィラリア症という病気を一度は聞いたことがあると思います。毎年予防をしっかり行っている飼い主さんも多いでしょう。でも、実際にフィラリア症にかかるとどんな症状が出るのか知っていますか?フィラリアの感染過程と犬へもたらす障害についてまとめました。

フィラリアの成長と犬への感染

フィラリア症の原因となるフィラリアという寄生虫は犬糸状虫ともよばれていて、白く細長い形をしています。成虫になるとメスは20cm、オスは30cmほどの長さに達します。フィラリアの成長過程と犬への感染、および病気の予防は密接に関連しています。以下はフィラリアの成長過程です。

(1)フィラリアに感染している犬の体内で、フィラリアのメスが幼虫であるミクロフィラリアを産みます。

(2)蚊が感染している犬を吸血し、ミクロフィラリアが蚊に移行します。

(3)蚊の体内でミクロフィラリアが第1期幼虫から第3期幼虫まで成長します。

(4)ミクロフィリアを保有する蚊が別の犬を吸血し、その犬の体内へ第3期幼虫が移行します。

(5)犬の体内で第3期幼虫が第4期幼虫へと成長します。さらに第5期幼虫から成虫に成長するまで約半年かかります。筋肉や脂肪のなかで成長していき、最終的には心臓や肺動脈に達して成虫となります。成虫となったメスは新たなミクロフィリアを産みます。

フィラリアは複数の成長段階を経ることと、犬→蚊→犬というように異なる個体のなかで成長していくのが特徴です。

 

初期症状、そして症状の進行

フィラリアのライフサイクルはいくつもの段階に分かれていて、数カ月かけて成長します。このため感染後も症状はゆっくりとあらわれ、感染に気づかないことも少なくありません。

症状があらわれてくるのは、フィラリア成虫が心臓や肺動脈に寄生しはじめてからです。心臓や肺動脈にフィラリアが寄生し血流が悪くなるため、運動をしたときなどに効率よく酸素を取り込めなくなります。その結果、呼吸器系に異常をきたすようになります。症状としては、せきが出る、元気がない、呼吸が苦しそう、散歩を嫌がる、食欲の低下などがみられるようになります。

さらに、時間が経つにつれて寄生虫の数が増えて血流が悪化していきます。病態が進行すると、せきや荒い呼吸の頻度が多くなる、体重の減少、毛づやが悪くなる、血尿、脱毛、腹水のためにおなかが膨らんでくるなどの症状があらわれます。

 

フィラリア症の末期症状

症状が末期になると、激しいせきをする、胸部に水が溜まる、貧血、失神する、心臓肥大、肝硬変、呼吸困難などがみられます。心臓や肺動脈が寄生虫であふれている状態で、ほとんど血液が流れなくなっています。心臓の機能が十分でなくなることで全身の臓器がうっ血状態になり、肝臓・腎臓・肺などの重要臓器が機能不全を起こします。最終的には心不全を起こして命を落とすことになります。

こうした末期症状まで進行してしまうと薬による治療は不可能になり、寄生虫を取り除く外科手術を行うことになりますが、犬にとっては手術も大きな負担となります。そうなってしまうまえに早期発見が大切であり、何よりもまずフィラリアに感染させないよう予防を徹底することが重要です。

 

フィラリア予防薬はこちらからチェック

「フィラリア予防薬一覧」

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる