【症状】吐く 

犬が吐くことは、人間に比べると珍しくありません。おう吐をくり返さないなど健康上とくに問題がない場合もありますが、危険なおう吐とはどんなものか、吐く原因とそこに隠れた病気を理解しておくと、もしもの時に的確に対応できます。何を吐いたか、吐くこと以外の様子に異変はないかなどもチェックすることが大切です。

【症状】くりかえし吐く

メスでおなかがふくらむ、陰部からうみが出るなどの症状をともなう場合

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

子宮蓄膿症

→大至急病院へ!

下痢や血便をともなう

一日に何度も吐く場合

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

・パルボウイルス感染症

・レプトスピラ感染症

急性胃炎

慢性胃炎

膵炎

→大至急病院へ!

【症状】食後しばらくして吐く

吐いたものが黄色っぽい、吐いたものに血が混じっている

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

出血性胃腸炎

腸閉塞

急性肝炎

急性腎不全

尿毒症

中毒

→大至急病院へ!

【症状】食事の直後に勢いよく吐き出す

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

巨大食道症

食道内異物

→早く病院へ!

【症状】吐き気があり、口をなめまわしたり、よだれをたらす

考えられる主な病気(病名をクリックすると詳細に飛べます。)

・食道や胃の運動低下、十二指腸の運動亢進

急性肝炎

→早く病院へ!

【症状】一度吐いたがほかに症状がなく元気

→様子を見ましょう

犬は人間と比較して吐くことが多い動物です。一度吐いただけでそれ以降は元気だったり、食欲があるのであれば心配ないこともあります。

しかし、おう吐がくり返されたり、食欲がなくなったりしたら病気のサインである可能性があるので注意が必要です。また、下痢の症状があったり、吐しゃ物が黄色っぽい、血が混じっているなどの異変が見られる場合は、すみやかに病院で受診してください。

苦しくて吐こうとしているのになかなか吐けない場合は、胃捻転など胃に問題がある場合が多いです。食べた物を飲み込めずに吐いてしまう場合は、食道のあたりに異常がみられる場合があります。また、けいれんをともなう場合には中毒症状の可能性があります。

吐くという行為は、痛みなどの症状と違い飼い主が気づきやすい点ですので、犬の様子や吐しゃ物なども含めてよく観察するようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる