涙やけ・よだれやけを防ぐ方法は?変色してしまったら元に戻らない??

目の周り、口の周りが赤茶色に変色してしまう涙やけとよだれやけ。愛犬の被毛が変色してしまうのは、飼い主にとっても悩ましく気になる症状です。原因もさまざまで、症状の改善にも根気が必要になります。できれば避けたい涙やけとよだれやけについて、原因と対策をご紹介します。

 

【症状】被毛の変色

涙やけは、涙が原因で目の周りの被毛が赤茶色になってしまう症状を指して言います。常に涙や目やにが出ていたり、目の周りをよく掻いたりもします。

いっぽう、よだれやけはよだれが原因となり、口の周りが変色します。また、手足を舐める癖があると、そこにもよだれが付着して被毛の色が変色することがあります。

 

【原因】涙やけ、よだれやけを引き起こす様々な要因

涙やけには先天性の原因と、後天的な原因とがあります。先天的な原因である「流涙症」とは、先天的に目と鼻をつなぐ管(涙管)が狭かったり、詰まっていたりして涙があふれる状態を引き起こす症状です。いっぽうで、フードに含まれる添加物や、ホコリ・花粉・食べ物などへのアレルギー、結膜炎や角膜炎などの目の疾患、逆さまつ毛などの目への刺激などが要因となって涙やけが起こる場合は、後天的原因といえます。

よだれやけの原因ですが、口の中にある雑菌がよだれを介して付着することで、少しずつ口の周り、もしくは手足などを赤茶色に変色させていくと言われています。また、よだれやけも涙やけと同様に、フードに対するアレルギーが原因の場合があります。

 

【改善方法】食生活を見直そう

涙やけの原因が流涙症であったり、結膜炎など他の病気である場合には、動物病院で治療を受ける必要があります。しかし、涙やけの一番大きな要因は食べ物であると言われており、食事を見直して体内環境を整えることで改善が見込まれる可能性が大きいといえます。添加物や保存料が含まれるフードを避け、不純物や老廃物の排出を促すために水分を多めに摂らせるようにしましょう。また、目の周りの毛や逆さまつ毛を取り除いたり、涙や目やにをこまめにふき取ってあげることも基本的なケアとなります。

よだれやけも、良質なドッグフードや十分な水分を摂ることで改善が期待できます。よだれが出ていればそのつどきれいにしてあげましょう。歯磨きで口腔環境を清潔に保ってあげるのも助けになります。アレルギーが原因の場合には、原因となる物質を見極めるために、アレルギー検査を受けることも必要になります。

 

【予防】質のいい食事と十分な水で予防

涙やけ、よだれやけの原因はさまざまですが、先天的なもの以外は食生活の改善や清潔を保つことで予防することができます。仔犬の頃から質のいいフードを与えるようにし、万が一アレルギーを疑うような症状が現れた場合には、すぐに検査を受け食生活の見直しをしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる