季節の変わり目以外の脱毛は病気が原因かも?脱毛症になったらどうしたらいい?

犬の脱毛症は、生理的な要因からくるものと、病気が原因となるものがあります。一般的に生理的な脱毛は、春から夏の季節の変わり目に被毛が生え変わる現象です。冬の間、体温調節を助ける働きをしていた下毛が、気候が暖かくなると自然と抜け落ちます。ここでは、それ以外の病気が原因となって起こる脱毛症についてご紹介します。

 

【症状】脱毛症にともなうさまざまな症状

病気が原因の脱毛症は、部分的に脱毛する場合が多く、地肌が見えることもあります。病状によっては赤みをともなう発疹ができたり、地肌が黒ずんで見えたり、強いかゆみをともなうことも少なくありません。かゆみの症状がみられない場合は、ホルモンバランスの乱れが原因であることが多いです。ホルモン異常が原因となる脱毛では、体の左右に対称的な脱毛が見られたり、全体的に被毛が薄くなる、フケや黒ずみ、毛づやが悪いなどの症状がみられることもあります。プードル、ビション、ヨークシャー・テリア、シーズー、マルチーズなど季節の毛の抜けかわりのない犬種に被毛が大量に抜けることがあれば、病気による脱毛の可能性が疑われます。

 

【原因】脱毛を引き起こす要因とは

病気が原因の脱毛症は、アトピー性皮膚炎、アレルギー、内分泌障害(ホルモン異常)、寄生虫・細菌・真菌による感染症が主な要因とされています。病的な脱毛では、毛の根元にある毛包に異常が生じて毛が抜け落ちます。アレルギーやアトピー、感染症による脱毛症はかゆみをともないますが、内分泌障害ではかゆみがあまりみられず、ホルモン分泌の異常によって毛包の活動が止まって毛が抜けます。脱毛を引き起こす内分泌障害疾患としては、クッシング症候群や甲状腺機能低下症などがあげられます。

 

【治療】原因に応じた治療を行う

治療するにはまず、脱毛の原因が生理的なものなのか病気からくるものなのか、症状などからつきとめて対応します。感染症が原因であれば、寄生虫や細菌を駆除する治療が行われます。投薬や塗り薬によって駆除されれば、2~3週間後には再び毛が生えてきます。アトピー性皮膚炎が原因であれば、ステロイド剤や抗アレルギー剤を投与して炎症を抑えます。アレルゲンに接触しないよう管理することも必要です。ホルモン性の脱毛であれば、ホルモン剤を投与しながら毛が生えてくるまで根気よく治療を続けていく必要があります。

 

【予防】衛生面・健康面に注意する

脱毛症を引き起こす原因はさまざまです。病気が原因で起こる脱毛症を予防するには、その病気にかからないよう衛生面・健康面でしっかりと管理していく必要があります。もし気になる症状が見られたら、早めに病院で相談するようにしましょう。かゆみをともなう脱毛症は愛犬にも大きなストレスになりますので、症状が軽いうちにすみやかに治療を始めましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる