寒冷凝集素症はどんな病気?どんな症状が出る?

寒冷凝集素症は、免疫機能の働きが引き金となって引き起こされる皮膚病です。

特に寒い時期に症状がみられるのが特徴で、犬猫どちらでもみられますが、どちらかというと犬で多くみられます。

寒さによって末端の血管に障害が引き起こされ、耳のふちや肉球などに潰瘍ができたり、壊死してしまったりします。

壊死した組織は取れてしまい、ひどい場合は耳の形がギザギザになった状態で残ってしまうこともあります。

ダックスフンドやイタリアングレーハウンドでみられやすいといわれているので、該当する犬種と暮らしている方は注意が必要です。

【症状】寒冷凝集素症の症状

耳介の先端が黒いかさぶたのようになり、ペットがそこを引っ掻いて割ることによって出血が起きます。

繰り返すうちに重症化し、皮膚が壊死してボロボロと欠け落ちていってしまいます。

ほかにも、皮膚が赤もしくは紫色になる、潰瘍ができるなどの症状がみられることがあります。

これらの症状は、耳介や鼻、肉球、足先などの冷たくなりやすい部分によくあらわれます。

いずれも寒い時期に多くみられるため、秋や冬など、寒い時期に入ったときはこれらの部位に症状があらわれていないかよく観察しましょう。

【原因】寒冷凝集素症の原因

寒冷凝集素症の原因には、主に寒い環境や免疫反応が挙げられます。

体内にはさまざまな働きをする抗体があり、その中には寒さや冷たさに反応し、赤血球の凝縮を引き起こすものもあります。

血管内で赤血球が凝縮すると、それによって出現した抗体や補体によってさまざまな免疫反応が起こります。

それが引き金となり、隣接している血管の壁に炎症が起きたり、血液が溶血したりすることによって寒冷凝集素症に繋がります。

また、寒さや冷たさだけでなく、感染や鉛中毒が原因となって症状が引き起こされる場合もありますので注意しましょう。

【治療】寒冷凝集素症の治療

一般的な治療では、患部にステロイド薬を含んだ軟骨を塗り込み、マッサージします。

傷口の感染を抑えるための抗生物質や、血行不良を改善するためのビタミン剤が一緒に使われる場合もあります。

また、保湿をする内服薬や外用薬も使われる場合もあり、出血がない状態を維持します。

あまりにも症状が重い場合、傷口を切除し、縫合して治療を行う場合もあります。

寒冷凝集素症を引き起こす病気がある場合、先にその病気の治療が行われます。

【予防】寒冷凝集素症の予防

寒冷凝集素症は、発症前に予防を行うのは難しい部分がある病気です。

一度発症した場合、ステロイド薬をはじめとした免疫抑制薬を使って免疫反応をコントロールします。

また、寒さによって症状が引き起こされるため、ペットが寒い環境にさらされるのを避けるのも有効です。

 

ほかにも、マッサージも予防として有効です。

温かい手でペットの耳の付け根や頭皮をマッサージし、冷えによって悪くなった血液の流れを改善します。

マッサージを行うのが負担に感じる場合、ペット用に作られたスヌードやネックウォーマーで冷えを防ぐのも効果的です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる