かゆみはペットのストレスに!ノミアレルギー性皮膚炎はしっかり予防しよう

犬や猫の背中に赤い発疹を見つけたら、もしかしたらそれはノミアレルギー性皮膚炎かもしれません。ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの唾液に対する過敏反応として起こる皮膚炎で、発疹やかさぶたができとても痒がります。暖房器具などの普及により一年を通してダニが活動するため、冬でも注意が必要です。

 

【症状】かゆみをともなう発疹や脱毛の症状

ノミによるアレルギー反応の程度は体質によって個体差がありますが、ノミが寄生しやすい腰、尾のつけ根、腹部などに発症しやすく、皮膚の荒れ、かゆみや脱毛、発疹などの症状があらわれます。かゆがって掻きむしったり咬んだりするので皮膚の状態がさらに悪化して出血したり、膿皮症を引き起こしたりします。かゆみが強いために眠れず睡眠不足や貧血状態になったり、ストレスを受けて神経質になったりするケースもあります。症状が慢性化すると、皮膚が色素沈着のために黒ずんだり表面がボコボコした状態になります。

 

【原因】ノミの唾液にアレルギー反応を起こす

犬や猫の皮膚上に寄生したノミが、吸血する際に出る唾液中のタンパク質などに対してアレルギー反応を起こすことで発症します。ノミに繰り返し咬まれることでアレルギー反応が出やすくなりますが、アトピーや食物アレルギーを持つ犬猫はより発症しやすくなります。また一度アレルギー反応が出ると、ノミに寄生されるたびに生涯にわたってアレルギー性皮膚炎を起こすことになります。アレルギーの程度は個体によってさまざまですが、なかには1、2匹のノミが寄生しただけでもアレルギー反応を起こして皮膚炎を発症する個体もいます。ノミの活動は気温の上がる夏を中心に活発になるものの、冬でも室内の暖房などにより繁殖が可能なので注意が必要です。

 

【治療】ノミの駆除と皮膚炎の治療

まずアレルゲンとなるノミの駆除を行うのと同時に、抗生物質や合成副腎皮質ホルモン剤を投与して皮膚のかゆみや炎症を抑える治療を行います。ノミは成虫だけでなく卵や幼虫もすべて駆除する必要があるため、スポット液や内服薬を投与しながら飼育環境の清掃を徹底し、ノミが集まりやすい場所には駆除剤を塗布します。多頭飼育をしている場合には、他の個体にも同時に駆除薬を投与しておくと感染が広がるのを予防することができます。

 

【予防】定期的な駆除薬投与で予防しよう

散歩中や他の動物との接触によって寄生したり、外出先で飼い主の衣服にノミが付着したまま家に持ち帰ったりと、ノミが感染する経路はさまざまですが、1か月に1回程度、定期的にノミ駆除薬を投与することでかなり予防できます。その場合は成虫だけでなく、卵や幼虫、サナギにまで効果のある駆除薬を選ぶとよいでしょう。ノミは室内のじゅうたんやソファー、畳や布団などを好んで繁殖するので、日ごろからこまめに清掃して清潔に保ち、駆除剤を撒くなどしてなるべくノミを繁殖させないようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる