マラセチア皮膚炎(脂漏性皮膚炎)~菌が増殖する原因は?~

マラセチアとは、健康な犬や猫に常在する真菌(カビの一種)のことです。耳の中や指の間など皮膚の表面に存在していて、普段は害を与えることはありません。しかし、何らかの原因によって異常繁殖してしまうと、激しいかゆみを伴うマラセチア皮膚炎を引き起こします。マラセチア皮膚炎(脂漏性皮膚炎ともいう)は、仔犬から高齢犬まで幅広く認められる皮膚病です。

 

【症状】皮膚の赤みとベタつき

マラセチアは外部から感染する菌ではなく、動物の正常な皮膚に存在しています。これが増えすぎると、皮膚が赤くなったりベタベタしたり、独特のにおいがするようになります。口の周り、あご、耳の中、腋の下、脚の付け根、おなか、指の間、肛門周辺、しっぽなどにできやすく、痒みを引き起こします。犬がしきりにかゆがり、皮膚に赤みが見られるようならマラセチア皮膚炎を疑います。また慢性化してくると、患部の皮膚が厚くなり、脱毛やフケなどの症状が出るようになります。

 

【原因】マラセチアが増殖する原因は?

常在菌であるマラセチアが異常繁殖してしまう原因としては、以下のことが考えられています。

まずは、生活環境の変化によるマラセチアの増加です。夏場や雨の多い時期に湿度が上昇すると、皮脂が多く作られて結果的にマラセチアが活発になり、増殖しやすくなります。

もうひとつは、皮膚のバリア機能低下による繁殖です。加齢、ストレス、食事バランスの乱れ、もしくは他の皮膚炎によって免疫力・抵抗力が落ちると、マラセチアの異常繁殖を引き起こします。

また、犬の中でもとくにマラセチア皮膚炎を発症しやすい品種が確認されています。被毛の長い品種、乾燥を防ぐために皮脂を多く分泌する傾向のある寒冷地方原産の品種、体や顔にしわが多く皮脂がたまりやすい品種などは、罹患のリスクが高いといわれています。

 

【治療】内服薬とシャンプーの組み合わせ

治療は、内服薬の投与と、抗菌作用のあるシャンプーでの洗浄を並行して行います。しっかり治療するためには一か月ほど根気よく続ける必要があります。また、脂質の多い食事は控えたり、皮膚や耳の中を清潔に保つことなども、マラセチア皮膚炎の治療に効果をもたらします。

 

【予防】健康な皮膚のために

皮膚が健康な状態であれば、マラセチアは害を与えることはありません。定期的なシャンプーで清潔を保ち、湿度が気になる季節にはエアコンなどで対策を立て、食事や適度な運動で犬の免疫力が落ちないように配慮してあげれば、マラセチア皮膚炎の予防につながります。また、治療した後でも再発する可能性の高い病気ですので、再発予防のためにも上記のことに気を配ってあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる