ペットの皮膚に大量のフケが!ツメダニ症はどうやって予防するの?

ツメダニ症は、ツメダニというダニの一種が犬や猫に寄生することで引き起こされる皮膚炎です。ツメダニに寄生されると大量のフケや赤い発疹などが見られるようになります。感染している犬や猫との接触が主な原因となりますが、ブラシやシーツなどを共用することでも間接的に感染するので注意が必要です。

 

【症状】大量のフケが特徴

ツメダニ症の症状は、大量のフケが出ることが特徴です。背中がもっとも寄生されやすく、赤い発疹や脱毛がみられることもあります。抵抗力のある成犬や成猫ではほとんど症状が出ないこともありますが、子犬・子猫が感染すると症状が悪化しやすくなる傾向があり、疥癬のような症状が出ることもあります。通常、かゆみはあまり強くありませんが、感染動物との接触で人に感染が及ぶと強いかゆみを伴う皮膚炎を発症します。

 

【原因】ツメダニの直接的・間接的感染

ツメダニというダニが皮膚上に寄生することが原因で発症します。ツメダニは体長が0.5mmほどの大きさで、頭部にフックのような大きな爪を持っており、その爪を皮膚にひっかけて体液やリンパ液を吸って生息・繁殖していきます。すでに感染している動物に直接接触することによる感染のほかに、リードやブラシ、シーツなどを共用することや、ハエやノミ、シラミなどの外部寄生虫を介して間接的に感染するケースもあります。

 

【治療】殺ダニ効果のある薬やシャンプーを使う

ツメダニ症の治療は、殺ダニ効果のある内服薬やスポット薬などを投与したり、薬用シャンプーで洗浄することなどが中心となります。薬用シャンプーは孵化したダニにのみ有効で卵には効かないため、根気よく使用を続ける必要があります。直接的な治療のほかにも、飼育環境を清潔に保ってこまめに清掃したり、殺虫剤を塗布することなども大切です。多頭飼育の場合は他のペットも感染していないか確認し、もし集団感染していれば全頭治療します。

 

【予防】感染動物との接触を避ける

ツメダニ症の予防には、すでに感染している犬や猫と接触しないようにするのが一番です。間接的な感染を防ぐために、ブラシなどを共用しないことも方法のひとつです。また日ごろからペットの皮膚の状態をよくチェックして、衛生状態にも気を配るようにしましょう。ツメダニによる皮膚炎はペットにとってもストレスになりますので、異変に気づいたら放置せず症状が軽いうちに病院で受診しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる