ペットの皮膚に発疹や脱毛が・・・皮膚糸状菌症の症状や予防法についてご紹介

皮膚糸状菌症とは、皮膚糸状菌というカビの一種である真菌に感染することが原因で起こる皮膚炎です。感染すると赤い発疹をともなう円形脱毛や、フケやかさぶたの症状がみられるようになります。免疫力が低下しているとかかりやすい傾向にあり、他の犬猫や人にも感染します。

 

【症状】円形脱毛やフケ・かさぶたなどの症状

皮膚糸状菌症を発症すると、主に顔・四肢・耳を中心に、円形の脱毛、赤みのある発疹、フケ、かさぶたなどの症状があらわれます。脱毛部分には黒ずみのような色素沈着が起こることがあり、最初は小さくてもだんだんと大きくなっていきます。かゆみの程度はさまざまですが、痒がって掻きむしったりこすりつけたりといったしぐさが見られることもあります。症状が落ち着いてきたように見えても体表面にはしばらく菌が存在し、新たに他の動物への感染源となることがあります。犬や猫、そして人にも感染する人畜共通感染症で、人に感染した場合の代表的な症状は水虫やたむしなどです。

 

【原因】皮膚糸状菌の感染が原因

皮膚糸状菌症は、カビの一種である皮膚糸状菌という真菌が感染することで発症します。人も含めて感染動物との接触が原因であり、表皮や被毛、爪の根本などに付着して炎症を起こします。菌に汚染された環境にいて体に付いてしまったり、多頭飼育でブラシやマットを共有することでも感染します。子犬や子猫、高齢の犬猫、または免疫不全や全身性の疾患、栄養不良やストレスなどで免疫力が低下していると感染しやすくなる傾向があります。

 

【治療】抗真菌薬の投与および塗布

主に抗真菌剤の投与や塗り薬の塗布で治療を行います。治療がしやすいように、また炎症が広がらないように患部周辺の毛を刈って治療する場合もあります。抗真菌薬の入ったシャンプーで洗浄することも効果的です。飼育環境で使用していたものの洗浄や消毒を行って、再発防止につとめることも大切です。完治したように見えても菌が体に残っている場合が少なくないので、自己判断で治療を中断せずに、病院の指示に従って根気よく治療を続ける必要があります。

 

【予防】飼育環境や皮膚の状態を清潔に保つ

皮膚糸状菌症にかからないようにするには、すでに感染している動物と接触しないことが第一の予防法です。また、ふだんから飼育環境や皮膚の状態を清潔に保ち、ストレスの少ない環境を整えてあげることも大切です。愛犬・愛猫の皮膚に脱毛やフケ、発疹などがないか日頃からチェックする習慣をつけると、早期発見・早期治療につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる