犬のアトピー性皮膚炎について~症状・原因から治療・予防法~

アトピー性皮膚炎は、痒みを伴う湿疹が出て症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。主にアレルギーの原因となる物質が体内に入ったり、もしくは皮膚のバリア機能が低下することで起こります。アトピー性皮膚炎を持つ犬は、アレルギーを引き起こすアレルゲンに対して反応しやすいという素因を持つので、できるだけその物質を除去することが大切です。

 

【症状】皮膚に現れる様々な症状

アトピー性皮膚炎の症状としては、激しい痒み、発疹やただれ、乾燥、肌荒れ、脱毛などで、犬は患部を頻繁に舐めたり掻いたりします。指の間、手首や足首、マズル、目の周辺、腋の下、脚の付け根、耳、肛門周辺、下腹部などが症状がよく現れる部分です。1歳から3歳ころに初めて発症し、最初は季節によって症状が出たり消えたりしますが、だんだんと慢性化して通年で症状が現れるようになることが多いです。

また、アトピー性皮膚炎の合併症として、外耳炎、膿皮症、結膜炎などがあげられます。

 

【原因】アトピーの3つの主要因

まず、アレルギーを引き起こす要因である物質(アレルゲン)との接触が原因に挙げられます。アレルゲンはほこり(ハウスダスト)、ダニ(死骸や排せつ物を含む)、花粉、フケ、カビ、化学薬品など多岐に及びます。特にダニは、アレルギー症状を引き起こす最大のアレルゲンです。

次に、皮膚のバリア機能の低下や異常も原因として挙げられます。保湿力が低下すると皮膚は乾燥して(ドライスキン)、痒みなどの症状が出やすくなります。

また、アトピーは遺伝的要素が強い病気で、アレルギー抗体を作りやすい体質を持っていると特にかかりやすいといわれています。

 

【治療】病院での治療と生活環境の改善が必要

痒みを抑えたり、皮膚のバリア機能を助けるための内服薬を投与し治療を行います。また、シャンプーや保湿剤を使って、皮膚の清潔と保湿をこころがけます。必要な場合は、病院と相談しながらアレルギー用の食事療法を行います。

こういった治療を行うのと同時に、生活環境を改善してアレルゲンを取り除くことも大切です。掃除をこまめに行ったり、空気清浄機を使用したりしてアレルギー症状を引き起こす要因が犬の体内に入り込むのを少しでも防ぎましょう。これらの対策の前提として、アレルギー検査を行い何がアレルゲンとなっているのか把握しておくといいでしょう。

 

【予防】清潔・保湿をこころがける

最大のアレルゲンであるダニをはじめ、ホコリや花粉を取り除くためにも、生活環境を清潔に保つことがアレルギー発症の予防につながります。また、定期的にシャンプーを行い、保湿剤で皮膚の乾燥を防いでスキンケアに気を配ってあげることも大切です。アトピーは人間同様、犬にもつらい症状ですので、飼い主がしっかり様子を観察し、日頃から対処してあげることが肝心です。

 

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる