お尻のまわりにコブが!会陰ヘルニアの症状と原因とは?

会陰ヘルニアとは、肛門のまわり(会陰部)に臓器が飛び出して盛り上がり、膨らんだ状態になる病気のことです。主に直腸や膀胱、腹腔内脂肪がヘルニアを起こしますが、原因については不明ことも多い病気です。5歳以上の去勢手術を受けていないオスに発症例が多く、男性ホルモンの影響が一因ではないかと考えられています。

 

【症状】おしりの周りにこぶのような膨らみ

会陰ヘルニアになると、お尻の周りの会陰部分がこぶのように膨らみます。盛り上がった部分は押すと引っ込みますが、しばらくすると膨らんだ状態に戻ります。本来は腹腔内にあるべき直腸や膀胱、脂肪組織などが腹腔の外に飛び出してしまった状態で、突出したのが腸である場合には排便困難や便秘などの症状が、膀胱が飛び出すと反転してしまって排尿障害の症状があらわれます。そのため、トイレに行っても何も出ずに戻ってくるといったことが増えるようになります。尿がでにくいまま症状が進行してしまうと、尿毒症などで命にかかわることもあり、早めの処置が必要になります。

 

【原因】前立腺肥大とホルモン不均衡が関係している

会陰ヘルニアの発症の原因については不明な点も多いですが、5歳以上の未去勢の雄犬に見られることが多く、男性ホルモンの影響や前立腺の疾患が関係していると考えられています。高齢になると会陰周辺の筋力が落ち、また多少なりとも前立腺が肥大して直腸を圧迫するため、排便の際に力むようになり、筋肉が裂けた隙間から臓器が突出してヘルニアを起こします。

 

【治療】正常な位置に戻す外科手術

飛び出した臓器を正常な位置に固定し、隙間の開いた筋肉を縫合する外科手術を行います。また、去勢をしていないと再発する可能性があるため、治療と同時に去勢手術を受けることが奨励されます。年齢的に手術が難しい場合や、他の疾患などで手術ができない場合、もしくは症状が軽い場合には、食事療法や便軟化剤の投与を行うこともあります。

 

【予防】去勢手術で発症率を下げる

会陰ヘルニアの発症例のうち、5歳以上で去勢手術を受けていない犬がおよそ9割を占めることから、若いうちに去勢手術を受けておくことがある程度予防につながるといえます。また、ふだんから排便・排尿に異常がないかよく確認し、会陰部分にこぶのようなものがないかチェックする習慣をつけて、早期に発見できるようにしましょう。太りすぎは臓器を圧迫し体全体の筋力の低下を招くので、肥満にならないよう食事や運動にも気を配りましょう。むだ吠えが多いと腹圧が高くなるため、むだ吠えを減らすようにしつけることもこの病気の予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる