ノミがアレルギーを引き起こす?皮膚炎の症状や対処法について

ノミがペットに及ぼす症状のひとつに、アレルギー性皮膚炎があります。これはノミの唾液に対するアレルギー反応から皮膚が炎症を起こす病気です。ノミに咬まれた場所以外にも、首や背中、尻尾のつけ根からお尻などに症状が多くあらわれ、はげしいかゆみをともなう発疹や脱毛がみられるようになります。もし発症したら治療とともにノミの駆除を行うことが大切です。

 

ノミに対するアレルギーとは?

ノミの口にはふたつの管があり、いっぽうの管で動物の血を吸う際その血が固まってしまわないように、もう片方の管から自分の唾液を流し込んでいます。このノミの唾液の中に含まれているタンパク質などによってアレルギー反応が起こることで皮膚炎を発症します。アレルギー性皮膚炎を起こすかどうかは犬や猫の個体の体質によって異なり、アレルギー体質であればわずか1,2匹のノミが寄生しただけでもはげしい皮膚炎を生じることがあります。ひどい場合は強いアレルギー反応によってショック死してしまうケースもあります。反対に、血を吸われた個所だけが少しかゆくなるだけで済む個体もいます。また、ノミが寄生して急性に発症することもあれば、長い間寄生が続いたのちに発症することもあるなど症状の程度やあらわれ方はさまざまです。

 

ノミによるアレルギー性皮膚炎の症状

おもに首や背中、腰、尻尾のつけ根、お尻の周辺などに赤い発疹や脱毛がみられ、かゆみを生じます。進行すると湿疹、皮膚のただれ、かさぶたが見られるようになります。強いかゆみをともなうため、患部をしきりに掻いたり舐めたり、こすりつけたりして、ときには掻きむしって出血することもあります。傷口ができるとそこから細菌感染を起こし、さらに皮膚炎を悪化させます。また、かゆみはペットに精神的なストレスを与え、怒りっぽくなったり寝不足になったりすることもあります。

 

治療方法

治療は、抗アレルギー剤や消炎剤などの投与で症状の軽減をはかる対症療法が行われます。細菌の二次感染がある場合は抗生剤を使用することもあります。

治療とともに重要なことは、原因となっているノミの駆除です。駆除薬の投与が効果的で、皮膚に垂らすスポットタイプの駆除薬が即効性があります。他にもいろいろなタイプがあるので、動物病院で相談するなどして適切なものを選びましょう。また、ペットの体に寄生しているノミは成虫だけで、その何十倍もの卵や幼虫が飼育環境の中に潜んでいるといわれています。そのため、ペットが生活する環境におけるノミ駆除も必ず行わなければなりません。室内の清掃や、ペットが使う毛布類の洗浄などをこまめに行いましょう。もし多頭飼いであれば、ほかの犬猫のノミ駆除も一緒に行いましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる