ノミが引き起こす犬の皮膚炎とは? 

犬がノミに寄生されると、咬まれたときのノミの唾液がアレルゲンとなってアレルギー性皮膚炎を引き起こしたり、咬まれることが刺激になって患部にノミ刺咬症を引き起こすことがあります。皮膚炎はかかってしまうと根気強く治療を続けなければならないため、早期治療と予防がとても大切です。

 

ノミアレルギー性皮膚炎

犬の皮膚のトラブルの中でも多いといわれるのがノミアレルギー性皮膚炎です。咬まれたときに、ノミの唾液成分がアレルゲンとなってアレルギー反応を起こすもので、背中や尻尾のつけ根周辺に好発し、はげしいかゆみ、発疹、脱毛などの症状があらわれます。放置すると、かゆみのために患部をしきりに舐めたり咬んだりし、皮膚に傷ができてそこから二次的に細菌感染することがあります。さらに悪化すると、膿皮症という化膿性の皮膚炎に進行したり、皮膚への色素沈着や、皮膚の肥厚がみれらるようになります。また、一度アレルギーを発症した犬は、その後は少数のノミに寄生されただけでも皮膚炎を発症する可能性があります。皮膚炎を発症したら、早めに治療を受けることが大切です。

 

ノミ刺咬症

ノミ刺咬症は、ノミに咬まれた部位に発症する皮膚炎です。ノミが咬むことによる刺激やノミの唾液が原因となって引き起こされ、かゆみや発疹をともないます。患部を掻きむしることによって、二次的な細菌感染やアレルギー性皮膚炎を起こすこともあります。かゆみによるストレスも大きく、重症化すると脱毛や貧血などが見られることもあります。

 

治療と予防

皮膚炎のかゆみや炎症を抑えるため、抗アレルギー剤や消炎剤などの投与・塗布が行われます。治療と同時に大切なのは、原因となるノミの駆除です。ノミの駆除薬はスポットタイプやスプレータイプなどがあり、即効性と持続性のあるものを選ぶのがいいでしょう。もし多頭飼育であれば、発症している犬だけでなく他の犬にも駆除薬を投与する必要があります。

とくにノミアレルギー性皮膚炎は、完治までには長期の治療が必要であるとされています。放置して症状が悪化してしまう前に、早めに治療を受けるようにしましょう。また、ふだんからノミ対策を徹底して、皮膚炎を発症させないことも大切です。定期的に駆除薬を投与して予防を行い、ブラッシングしながらノミがついていないか習慣的にチェックするといいでしょう。カーペット、ソファー、ベッドなどノミは広範囲で繁殖するので、飼育環境をこまめに清掃して清潔に保ちましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる