とにかく痒くてたまらない疥癬症とは??

疥癬症(かいせんしょう)とは、顕微鏡で覗いて分かるくらいに小さい『ヒゼンダニ』(犬疥癬)が寄生して起こる皮膚病です。ヒゼンダニは疥癬のダニで、寄生されると皮膚に発疹(ブツブツ)や激しいかゆみが生じます。ヒゼンダニは、犬だけでなく『猫』、『ウサギ』、『ハムスター』、『フェレット』などのペットにも寄生します。ヒゼンダニは、人にも寄生し、腕などに皮膚炎を起こすことがあります。感染している犬と知らずに接触することで自分も感染してしまうので注意が必要です。

【症状】疥癬症の症状

疥癬症を発症すると、感じるのがとにかく痒いと言う事です。初期は目の周りや耳、ひじ、かかとなど被毛の薄い部分に発疹(ブツブツ)ができてひどい痒みに悩まされます。激しい痒みから、皮膚をかいてしまい、皮膚に傷がつき、脱毛、赤み、フケ、ポツポツとかさぶたが出来るなどの症状がでます。傷口から細菌が入り、二次感染して化膿することもあり、耳介ひっかき反射という、疥癬症になると8割見られる症状も出ます。

【原因】疥癬症の原因

疥癬症には、すでに感染している犬との接触、ブラシやバリカンなどを共用することで感染します。感染には季節、年齢、犬種は関係ありません。メスのダニは寄生すると犬の皮膚に卵を産みます。この時に角質の下に入り込んで産むため、角質が剥がれてフケになります。オスは角質の下に寄生するだけですが、こうしたことが何度も繰り返されていきどんどんダニが増えていき痒くなります。

【治療】疥癬症の治療

角質のしたに入り込んでしまっているダニを見つけるために角質を削り取っていきます。そして、ダニが寄生している場所がわかり次第治療を開始します。まず、殺ダニ作用のある外用薬(スプレータイプやスポットタイプ)の塗布や内服薬の投与が行われます。細菌の二次感染があれば、抗生物質の投与が必要となることもあります。週一回の間隔で薬用シャンプーを症状が出なくなるまで使用することも治療には効果的です。

【予防】疥癬症の予防

回線症の予防として、すでにヒゼンダニに感染している犬またはそれ以外の動物との接触を避けることが大切です。また、部屋をこまめに掃除したり、消毒をするなどして繁殖を避けましょう。雨季から夏場にかけてのジメジメした時期は、ダニが最も好む時期なので注意しましょう。犬の抵抗力が弱るとダニが寄ってきやすいため、日頃から体調管理、衛生管理に気をつけましょう。フロントラインのフィプロニルなど、ダニ駆除薬も予防には有効です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる