皮膚病で最も危険な病気である自己免疫による皮膚病の症状は?

自己免疫による皮膚病は天疱瘡(てんぽうそう)とも呼ばれ、この病気は本来であれば守るはずの生体を免疫系統がなぜか異物とみなし、内部から破壊することで発症する皮膚病のことです。犬の皮膚病の中でも発症率がかなり高い皮膚病であり、治すのも難しいと言われています。そのため一度発症すると、完治が難しく、一生付き合っていかなくてはいけない病気です。

【症状】自己免疫による皮膚病の症状

自己免疫による皮膚病は「落葉性」、「紅斑性」、「尋常性」、「増殖性」に分類されます。4つの分類の中で一番多いのが落葉性です。そして尋常性は、死に至る可能性が高いです。

落葉性

目、鼻、口の周り、唇、耳、肉球の間などに赤斑、膿疱『のうほう』(膿が溜まった水疱のこと)、脱毛が起こります。膿疱は破裂するとかさぶたができ、また膿疱ができる状況を繰り返し、段々と全身に広がっていきます。好発犬種は『秋田犬』、『チャウチャウ』、『ダックスフンド』『ビアデットコリー』、『ニューファンドランド』、『ドーベルマン』、『スキッパーキ』などです。

紅斑性

顔、耳、鼻などに膿疱を形成し、膿疱が破裂、かさぶたができます。好発犬種は『コリー』、『ジャーマン・シェパード』、『シェットランドシープドックス』などです。

尋常性

尋常性では口腔、食道、肛門などの粘膜組織に存在するデスモグレインを抗体が攻撃することにより発症します。これによって、粘膜にただれや潰瘍(かいよう)が起こります。粘膜組織は全身の重要器官に存在しており、治療を行わないと命にかかわる危険な状態になります。

増殖性

顔にイボができ、体や体内にはできないのが特徴です。抗体がデスモグレインを攻撃することにより、水疱や膿疱が形成され、その後組織が増殖することでイボとなります。

【原因】自己免疫による皮膚病の原因

はっきりとした原因が解明されているわけではありませんが、好発犬種がいることから遺伝的要因が考えられます。デスモソーム中の「デスモグレイン」と呼ばれるタンパク質の一種を、免疫系が異物とみなすことまでは判明しましたが、詳細なメカニズムに関してはよくわかっていません。また、落葉性では薬物の摂取によって引き起こされることがあります。他には紫外線による強いダメージにより、何らかの作用が働き、自己免疫による皮膚病を引き起こすと考えられています。

【治療】自己免疫による皮膚病の治療

治療は内科的治療で、抗生物質療法で細菌感染の治療を行います。ビタミン剤や免疫抑制剤などを併用することが多いです。。長期に渡っての治療となることが少なくないため、根気よくできる治療を行っていくことが重要です。

【予防】自己免疫による皮膚病の予防

予防は、紫外線を避けることが大切です。外で散歩をするときは服を着せるなど、犬に配慮をして散歩しましょう。また、白い犬は紫外線に弱いので気を付けましょう。さらに感染症、アレルギーなどにならない体作りをすることで自己免疫による皮膚病への対策をしていきましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる