犬がかかりやすい病気の第1位「皮膚病」の原因と治療法、予防について

皮膚の病気は犬がかかる病気のなかでも、最も多くみられる疾患です。その原因は多岐にわたり、症状もさまざまです。犬の皮膚は人間に比べて薄くて傷つきやすく、また被毛に覆われているので汚れや細菌が付着するととれにくいという特徴があります。一番身近である皮膚病について、種類や症状をよく理解して備えておけば、早期発見・早期治療につながります。

 

【症状】さまざまな症状が見られる

症状としては主な症状である「痒み」のほか、「皮膚が赤い」「よく身体を掻いている」「毛が抜ける」「毛艶がなくなる」「指の間を舐めたり噛んだりする」「体がべとつく」「フケが増える」「発疹」などがあります。皮膚の病気は、ひとつの疾患から複数の症状が出たり、同一の症状が複数の疾患から現れたりするのでやっかいです。また痒みから十分な睡眠がとれずに免疫力が落ちて弱ってしまったり、病気によっては人間に移ったりもします。いつもと違うしぐさをするなど異変が見られたら、早めに病院で診てもらうのがいいでしょう。

 

【原因】皮膚のバリア機能が低下する

ストレスやアレルギー、または基礎疾患などが皮膚病の主な原因としてあげられます。これらの原因が皮膚のバリア機能を低下させ、皮膚病の発症を引き起こします。さらに皮膚病の原因は、アトピー体質や栄養障害などの内的要因と、ノミなどの寄生虫や体質に合わない食事やシャンプーなどの外的要因とに分けられます。また、犬が患部を舐めたり噛んだりすることにより、二次感染が起きてさらに複雑になってしまうのが皮膚病の特徴です。

 

【治療】原因に見合った治療を

ひと口に皮膚病といってもいろいろな原因が考えられるため、その原因を見極めることから治療が始まります。抗生物質など内服薬の投与や、症状を抑え清潔な状態に戻す薬用シャンプーの使用、体質に合わせた食事療法など、原因に合った治療方法を選択することになります。

 

【予防】普段から清潔を保つ

前述したとおり、皮膚病は犬が一番よくかかる病気のうちのひとつですが、初期にはあまり気づかなかったり、軽く考えて放置してしまいがちです。ですが、早めに治療を受ければ回復も早く、重症化して治療期間が長びくのを防ぐこともできます。患部を気にするようなしぐさが見られたら、犬の体をよくチェックしてあげましょう。

衛生的で快適な生活環境を整えたり、定期的なシャンプーやトリミングで清潔を保ってあげたり、適切な食事を与えるなど、普段から気を付けてあげられることはたくさんあります。被毛に覆われていても、犬の皮膚自体はとてもデリケートです。つらい皮膚病にかかってしまう前に、飼い主さんのケアで守ってあげましょう。

おすすめ商品

アイチュミューンC 25mg 30ソフトカプセル

アイチュミューンC 25mg 30ソフトカプセル

アイチュミューンCはアトピカのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
アトピー性皮膚炎で悩まれている犬の治療に用いられる免疫抑制剤です。治療には炎症を抑えることや保湿によるスキンケア、悪化因子の除去が重要となり、本製品はこの炎症を抑えるためのお薬です。

アイチュミューンC 25mg 30ソフトカプセルの詳細はこちら
ミコナゾールシャンプー237ml

ミコナゾールシャンプー237ml

本製品ミコナゾールシャンプーはマラセチア、犬猫の白癬を治療してくれるお薬で、真菌や細菌を死滅させて皮膚を治療してくれ、感染を防いでくれます。
有効成分に含まれるミコナゾールが、犬猫の真菌や細菌を死滅させて皮膚を治療してくれます。皮膚が弱い場合でも使用できるシャンプーとなっています。

ミコナゾールシャンプー237mlの詳細はこちら
イトラコナゾール100mg 15錠

イトラコナゾール100mg 15錠

イトラコナゾールはスポラノックスのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
本製品イトラコナゾールは犬や猫に使用できる製品で、抗真菌薬に効果があり、皮膚糸状菌などの治療にも有効と言われています。

イトラコナゾール100mg 15錠の詳細はこちら
キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる