愛犬・愛猫が鼻水、咳に悩まされていたらそれは呼吸器疾患かも!?

呼吸器疾患とは愛犬・愛猫の鼻水や咳が止まらなくなり、呼吸することが息苦しい状態をさします。呼吸器疾患の原因はウイルスや、細菌の感染から発症するケースがほとんどです。呼吸器とは、鼻孔から咽頭、喉頭を通り、気管支、肺までを指します。動物は呼吸器が人間に比べて丈夫に作られているため、呼吸器疾患にかかることは珍しいと言われています。

【症状】呼吸器疾患の症状

呼吸器疾患にかかわる病気は以下のものになります。

『門脈シャント』『膿胸』『器官虚脱』『アレルギー性気管支炎』『慢性気管支炎』『肺気腫』『肺水腫』『肺炎』『肺動脈狭窄症』『副鼻腔炎』『横隔膜ヘルニア』等です。

『門脈シャント』

犬にしか発症しないもので、本来肝臓で無毒化される有害物質が処理されないまま直接全身を回ってしまい、様々な症状が引き起こされる病気です。 発症すると一時的な盲目、ふらつき、痙攣、旋回行動、昏睡等が現れます。

詳しくはこちら「門脈シャントってどんな病気?原因や症状は?」

『膿胸』

膿胸とは胸腔内にたまる膿の量が多くなってくると息が荒くなり、呼吸困難を示すことです。症状は40度前後の発熱や食欲低下などです。症状が悪化すると横向きに寝る姿勢を嫌がるようになり、やや肘をたててうずくまり、胸部を圧迫しないようにします。また、咳や脱水、チアノーゼ等が起こることもあります。

詳しくはこちら「気づいたときには末期症状??気づいてあげたい膿胸の初期症状」

『気官虚脱』

気官虚脱とは呼吸時に息が荒くなり、乾いた咳をするようになるほか、時に吐き気が現れる症状です。咳は興奮時や運動中、または散歩時の首輪による頚部の圧迫でひどくなります。症状が悪化すると、呼吸困難となりチアノーゼの症状が現れることもあります。

詳しくはこちら「治りにくい気管虚脱は予防が大事!原因や症状をご紹介」

『気管支炎』

気管支炎とは吸い込んだ空気の通り道である気管に炎症が起こる状態を指します。発症すると痰を伴わない咳、咳の後の吐くそぶり、食欲不振、運動不適切、呼吸困難等の症状が現れ、重症の場合は失神することがあります。

詳しくはこちら「発症すると咳が止まらなくなる!気管支炎の症状と予防法」

『肺気腫』

肺気腫とは肺胞が何かの影響で異常に膨らみ、壊れてしまう症状のことを指します。主な症状は、呼吸困難、よだれをたらす、運動を嫌がる、皮下気腫等です。

詳しくはこちら「肺胞が大きく腫れあがり、破裂してしまう!呼吸が苦しくなる肺気腫の症状が現れたらすぐ病院へいこう。」

『肺水腫』

肺水腫とは肺胞や肺胞に連なる細気管支などに水がたまり、ガス交換がうまくいかなくなってしまった状態をいいます。肺水腫が発症してしまうと、咳、吐き気、呼吸困難、よだれをたらす等の症状が現れます。

詳しくはこちら「命の危険も?!肺水腫の原因や症状について」

『肺炎』

肺炎とは肺に炎症が発生した状態で、この状態に陥ると正常なガス交換ができなくなり、呼吸困難に陥ります。主な症状として、咳、吐き気、呼吸困難、発熱、食欲不振等があります。

詳しくはこちら「気をつけたい!気管支炎よりも症状が重い、肺炎の症状!?」

『肺動脈狭窄症』

肺動脈狭窄症とは肺動脈が生まれつき狭く、血液が心臓内をうまく流れない状態です。発症すると、乾いた咳が現れます。その後疲労がたまりやすくなり、運動も嫌がるようになりします。最悪の場合呼吸困難になり死に至る可能性もあります。

詳しくはこちら「先天性心疾患のうちのひとつ、肺動脈狭窄症について~症状と原因~」

『副鼻腔炎』

副鼻腔炎とは鼻炎が慢性化した状態を指します。症状はくしゃみ、鼻水、鼻時などで、それらの症状が進行すると鼻の周囲の腫れ、パンティング症状、目やにが出る等の症状が現れます。

詳しくはこちら「副鼻腔内が炎症を起こし、鼻で呼吸することが出来なくなってしまう病気!副鼻腔炎はどうやって治療するの!?」

『横隔膜ヘルニア』

横隔膜ヘルニアとは何かの影響で横隔膜が裂け、傷口から腹部の臓器が飛び出してしまう状態のことです。主な症状には食欲不振、嘔吐、腹痛、呼吸困難等があります。

詳しくはこちら「発症すると呼吸困難になる!横隔膜ヘルニアの症状・原因とは!?」

 

これらの病気が原因で呼吸疾患につながります。

【原因】呼吸器疾患の原因

呼吸器疾患の原因は上記で説明したように様々ですが、殆どがウイルスや細菌感染によるものです。ウイルスが肺器官に何かの原因で入ると喘息、発作、肺炎、肺血症、肺機能の低下等の症状が現れます。

【治療】呼吸器疾患の治療

呼吸器疾患の治療法は病気によって様々です。細菌などの感染が原因の場合、抗生物質や抗炎症薬が使われます。肺吸虫が原因の場合、駆虫薬が使われます。また、パンティング症状(苦しい状態の呼吸)にある場合、気管支拡張薬や咳を鎮める鎮咳薬等を使用します。呼吸器疾患にかかっているかどうかはレントゲン、心電図検査で診断することができます。

【予防】呼吸器疾患の予防

呼吸器疾患の予防法は飼い主がタバコ等の有害な空気を吸わせないようにすることです。日頃から愛犬・愛猫が呼吸器疾患にかからないようにこれからより良い環境を作ってあげましょう。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる