小型犬かつ短頭種に発症しやすい呼吸器系の疾患!軟口蓋過長症に気をつけよう!

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)は犬に発症する呼吸器系の疾患です。小型犬の短頭種(鼻が短い犬)に発症の多い病気です。

軟口蓋過長症は短頭種症候群の一種の症状ですが、口腔天井あたりから鼻腔に向けて伸びている、口腔と鼻腔をわける「硬口蓋」が他の犬よりも長く、それが原因で呼吸が困難になる病気です。

【症状】軟口蓋過長症の症状

軟口蓋過長症の症状はいびき、鼻を鳴らすような呼吸、口を開けての呼吸などがみられます。主な症状は、ゼーゼーという呼吸時の雑音です。その他、食べ物を食べ飲み込む際にむせたり、水を飲んだ際にもどしてしまう症状があります。

夏場は呼吸の乱れから体温が上昇して、熱中症の引き金になることもあります。また症状が重くなると、唇や舌の皮膚が青色から青紫色に変色するチアノーゼの症状や、呼吸困難がみられることがあり、場合によって失神することもあります。

【原因】軟口蓋過長症の原因

軟口蓋過長症の原因は主に先天性のものとされていますが、ごく稀に後天性が原因の場合もあります。これは鼻腔が何らかの原因で狭くなり、呼吸のたびに軟口蓋が引っ張られます。これが繰り返されることにより軟口蓋過長症になります。

発症しやすい犬種として『パグ』『ブルドック』『フレンチ・ブルドック』『シーズー』『ボクサー』『ボストンテリア』などの短頭種が挙げられていて、その他『キャバリア・キングチャールズスパニエル』『ヨークシャテリア』『チワワ』などにも発症例があります。

【治療】軟口蓋過長症の治療法

軟口蓋過長症の主な治療法は、原因の軟口蓋を手術によって切断します。手術後は一時的な患部の炎症により、咳や嘔吐などがみられる場合がありますが、喉頭虚脱(こうとうきょだつ)を併発している場合を除き、自然に回復していきます。また子犬にこの病気が発症した場合、症状の観察が必要になります。

重度な呼吸困難を引き起こした場合、酸素の吸入や消炎剤の投与などの内科療法が施されます。

呼吸困難の症状に関しては、ダイエットで改善することもあり、手術をする際もベストの体重で臨むことで手術の安全性が高くなります。

その他、手術時の短頭種の犬への全身麻酔は他の犬に比べ危険性が高いとされているため、あらかじめダイエットをするなど危険性をなるべく減らすように考慮してあげましょう。

【予防】軟口蓋過長症の予防

軟口蓋過長症はほとんどの場合、先天性のため予防は困難ですが、発症後に適切な治療を続けることで症状は緩和されます。また気温、湿度が高い季節、肥満時は症状を悪化させることがあるため、夏は部屋の温度管理や食事の管理が大切になります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる