鼻が極端に短い愛犬・愛猫に多い鼻腔狭窄とはどんな病気!??

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)は鼻の先天性の異常で、短頭種(鼻先が短い種類)の犬・猫に多い症状です。そして鼻腔狭窄と呼吸器系の疾患の症状が複合した場合を短頭種気道症候群といいます。この短頭種気道症候群が発症すると鼻腔が狭くなり、呼吸困難に至る危険性があります。

【症状】息ができなくなるかもしれない鼻腔狭窄の症状

鼻腔狭窄の症状には、熱中症にかかりやすい、鼻水が止まらい、痰が絡む、普段から呼吸が荒い、散歩中に体を動かしたり、興奮時には息が出来ず酸欠になり舌が紫色になったりする症状などがあります。一番の大きな特徴として、鼻の穴が狭まっているので呼吸する場合にグーグーといった音を立てます。

【原因】鼻腔狭窄が起こる原因

鼻腔狭窄の原因は先天性異常です。短頭犬種・短頭猫種は鼻骨が短いにもかかわらず、鼻骨を覆っている組織が短くなっていません。その結果、鼻腔が狭くなってしまい呼吸時にグーグーと鼻を鳴らすことがあります。

鼻腔狭窄にかかりやすい犬種は、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、ボストン・テリア、パグ、ペキニーズ、シーズー、狆(チン)、ブリュッセル・グリフォン、キング・チャールズ・スパニエルなどの小型犬です。

鼻腔狭窄にかかりやすい猫種は、スコティシュ・フォールド、ペルシャ猫、エキゾチック・ショートヘアーなどです。

【治療】鼻腔狭窄の2つの治療法

鼻腔狭窄には保存治療法と外科手術の2つの治療法があります。

症状が軽度の場合、保存治療法を行います。保存治療法は愛犬・愛猫の体調を気遣いながら、鼻腔狭窄で起こっている炎症を抑える自然治療です。

症状が重度の場合、外科手術を行います。呼吸が困難になり外鼻孔を広げる場合、鼻の軟骨と皮膚を切除し、人工的に鼻の孔を広げます。軟口蓋過長症の場合は、炭酸ガスレーザーを使用し、扁桃の後ろから切除します。喉頭や気管がつぶれている場合、気管を切開します。

【予防】鼻腔狭窄の予防法

短頭種の愛犬・愛猫を飼っている場合、日頃の生活で、飼い主が早く異常に気付いてあげることが大切です。鼻腔が狭く押し潰されていないかの確認は、他の犬・猫と鼻を見比べ確認することで確認できます。短頭犬種はパンティングによる体温調節が苦手なため、季節を問わず熱中症には注意して下さい。日中30度を超えるような日に、散歩に連れだすことは大変危険です。睡眠時無呼吸への注意も必要となります。犬が仰向けで寝ているときは、自らの軟口蓋が気道を塞いでしまう為、息ができなくなってしまうことがあります。

 

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる