治りにくい気管虚脱は予防が大事!原因や症状をご紹介

気管とは、のどと肺を結ぶ管のような空気の通り道のことです。この気管が、さまざまな要因によって変形してしまい、呼吸がうまくできなくなってしまう症状を気管虚脱といいます。この病気は人やほかの動物ではほとんどみられない犬特有の病気であり、一度かかると完治が難しく再発もしやすいので、なによりも予防が重要になります。

 

【症状】呼吸に伴う諸症状

気管虚脱になると気管が押しつぶされ、呼吸がしにくくなるのにともなって他の症状も現れます。ガーガーと鈍い音の出る咳をしたり、いつもと違う呼吸音がしたり、吐き気をもよおしたりします。また、舌を出す、よだれをたらす、歯茎や舌にチアノーゼの症状が現れるなどの症状も見られ、時には失神してしまうこともあります。症状が悪化すると命にかかわることがあるので、早急に病院へ連れていきましょう。また気管虚脱の症状は、高温多湿な環境下や運動などで興奮した時にひどくなる傾向があります。

 

【原因】気管虚脱になる要因とは

気管虚脱は明確な原因がはっきりしていませんが、以下のような要因が考えられています。

・遺伝

・肥満

・老化による気管筋の衰え

・気管支炎などの病気による咳や過呼吸

気管の骨組みは、軟骨と同じような成分で作られています。しかし、その軟骨成分が上記のような要因で変形すると筒状の形を保てなくなり、つぶれてスムーズな空気の出入りができなくなります。また、高齢の小型犬に多く見られるために遺伝的要因もあげられます。気管虚脱にかかりやすい犬種は、ミニチュア・プードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャーテリアなどで、このほかにもゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバーなどの大型犬も遺伝的要素により発症しやすいといわれています。

 

【治療】症状の悪化を防ぐ治療

変形してしまった気管は残念ながら元には戻らないので、主に症状の悪化を防ぐための内科的治療が行われます。咳をやわらげる薬や気管支の拡張剤、抗炎症剤、鎮痛剤などを症状に応じて投与します。呼吸困難の症状があれば、輸液や酸素吸入などの措置が取られます。内科的治療では症状をコントロールできないほど悪化している場合には、気管の扁平化を防ぐ外科的治療が行われることもあります。気管虚脱は病状が進行すればするほど治療が難しく、犬も呼吸が苦しくなっていきますので、早い段階で気づいて治療を始めることが重要です。

 

【予防】気管虚脱にかからないために

気管虚脱は遺伝的要因も大きく、確実な予防法はありません。しかし、肥満防止に努め、なるべく興奮させないようにしつつ適度に運動させ、適度な温度・湿度を保つなど、頸部に負担をかけないために家庭でも気を付けてあげられることがあります。また、咳などの呼吸器症状が気管に負担をかけるので、そのような症状があれば早めに治療するようにしましょう。気管虚脱は一度かかるとなかなか治りにくい病気ですので、もし愛犬に異変が見られたら早めに病院を受診するようにしましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる