胸が膨らんでしまう気胸とは?

気胸とは、何らかの理由で胸腔(横隔膜や肋骨によって囲まれた空間)内に余分な空気が進入してしまうと、肺に穴があいてしまい肺が正常な伸縮を繰り返すことが困難となり呼吸困難に陥ります。犬の気胸は重症化すると命に関わる深刻な状態を引き起こしてしまう可能性があります。また、気胸を引き起こす原因は疾患によるものと外傷によるものの二つになります。

【症状】気胸の症状

気胸を発症すると、呼吸困難になるため、呼吸が浅くなり走ることを嫌がります。引っ張っても動こうとしないので散歩をしなくなり運動不足になります。また、酸素不足からくる口の周囲が青紫色になる『チアノーゼ』や吐血やよだれを垂らしたり、胸に痛みを感じて触られるのを嫌がります。気胸が発症している期間は、胸が膨らんだように見えます。興奮させたり無理に運動させたりすると、呼吸困難がさらにひどくなり命を落としてしまうことも少なくありません。最も危険なのは『開放性気胸』という、息を吸い込むたびに外気が胸腔内に侵入し、急速に肺が押しつぶされてしまう症状です。

【原因】気胸の原因

気胸を発症する原因は、疾患と外傷がありますが、疾患の場合は、肺炎や肺虫、肺吸虫、肺気腫などです。肺は横隔膜や肋骨に囲まれた胸腔という空間の中でしっかり守られていますが、気管支炎や、激しい咳き込み・長引いた肺炎などの呼吸器系疾患の衝撃で、胸腔に穴が開いて胸腔内に空気が入り込み、肺が十分に広がることができなくなって呼吸が難しくなります。また、鋭利なものが刺さったり、交通事故や落下事故などによる体への直接的な外傷が気胸を発症する原因になります。

【治療】気胸の治療

別の疾病によって気胸が引き起こされる『自然発生性気胸』の場合は、まず基礎疾患への治療が施されます。症状の軽い犬は、安静にさせて薬の投与を行います。薬を投与するだけで自然治癒をすることもあります。呼吸困難などの重症の場合は、メスで胸腔内にたまっている空気を除去し、自力で呼吸できるまで酸素吸入を行いながら安定するのを待ちます。交通事故などの外傷が原因の場合は、取り急ぎその穴をふさぐような手術が施されます。そして、胸腔に呼吸する為の、チューブを入れたままにするという外科手術を行うこともあります。

【予防】気胸の予防

外傷によって発症する気胸に対しては、交通事故や落下事故に合わないことが大切です。また、胸部に強い負荷がかからないように配慮することも大切です。疾患によって発症する気胸は自然に発症してしまうため予防が難しいです。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる