鼻水が止まらなくなるペットの鼻炎とは??

犬の鼻炎は人間と同じように、ウイルスや細菌が鼻腔や副鼻腔に侵入し鼻の粘膜に炎症が発症した状態のことを言います。鼻炎が悪化し慢性的な鼻炎になると、鼻の奥にも膿みが溜まり、副鼻腔炎という病気を引き起こしてしまう恐れもあります。鼻水やくしゃみが続き、人間同様、とても辛い症状に悩まされます。

【症状】鼻炎の症状

炎症が初期のころは水のようにサラサラした鼻水が出ます。鼻水がサラサラしているうちはウイルス感染も初期のころになります。症状が進行し、中期以降になってくると炎症はさらに進んでいき、少し粘り気のでた鼻水へと変わってきます。慢性化して日和見感染(免疫力が低下した際に、健康体であれば害のないような弱い細菌やウイルスなどに感染し、発症してしまうこと)が起こると、黄色や緑色のドロリとした膿のような鼻汁がみられるようになります。このような症状が慢性化すると、副鼻腔炎という新たな症状を引き起こしてしまいます。この病気は、鼻水の量が増えて、くしゃみの回数が増えるだけではなく、さらに鼻の周囲が腫れてしまったり、呼吸が苦しそうになったり、下手をすると呼吸困難になってしまうものです。

【原因】鼻炎の原因

原因となるウイルスや真菌からは、ウイルスから、『ジステンパー』や『ケンネルコフ』真菌から、『アスペルギルス』、『アオカビ』、『ライノスポリジウム』、『ブラストマイセスデルマチチジス』、『クリプトコッカス』などがよく鼻炎を引き起こします。特にマズル(鼻先から口にかけた部分)が長い長頭犬種はアスペルギルス症の発症率が高いと考えられています。また、花粉、粉塵、ハウスダストなどのアレルギー反応、リンパ腫や良性のポリープなど、鼻の中にできてしまった腫瘍、口蓋裂などの病気がある犬、植物の種などの異物の吸引により鼻炎を引き起こすことがあります。

【治療】鼻炎の治療

ウイルスが原因の場合は抗生物質、真菌が原因の場合は抗真菌薬が投与されます。ただし鼻腔内は細菌の種類が多いため、培養しても原因菌を特定できないこと少なからずあります。アレルギー反応の場合、抗アレルギー剤を投与したりアレルゲンを特定しその特定アレルゲンを除去することを行います。鼻にできてしまった腫瘍は外科手術によって取り除くことが多いです。

【予防】鼻炎の予防

ウイルス性の鼻炎を予防するには、定期的な予防接種を行うことが大切です。ワクチンによって予防できないウイルスや細菌などへの対処としては、日頃から感染しないように注意が必要です。また、食生活に注意したり、ストレスを避けたりといった、日々の愛犬の健康管理で免疫力を高めておくことが大切です。

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる