命の危険も?!肺水腫の原因や症状について

肺水腫とは、肺に何らかの原因で水が溜まってしまった状態のことで、心臓病や肺炎など、ほかの病気の影響を受けて発症します。呼吸の異常が現れることが多く、時には命を落とす可能性もある病気ですので、症状をよく理解し早期に発見することが大切です。

 

【症状】咳や呼吸の異常から始まる

軽症の段階では、呼吸が浅く頻度が多くなったり、運動したり興奮したりすると咳が出るようになります。

肺水腫が進行して重度になると、ひどい咳、よだれ、呼吸困難などの症状が現れ、泡状の鼻水が出たり、舌が青紫色になったり(チアノーゼ)と徐々に病状が重篤化していきます。

 

【原因】心臓病によって引き起こされる肺水腫

心臓病が原因で起こる肺水腫を心臓性肺水腫といいますが、犬の場合はほとんどがこの心臓性であるといわれています。これは、僧帽弁閉鎖不全症や心不全などの異常によって心臓の動きが悪くなり、肺の中に血液成分が漏れ出すことで肺水腫が起こるものです。

上記以外の非心臓性の原因としては、肺炎、熱射病、感電事故、低タンパク血糖症などがあります。また、有毒ガスの肺への流入や、過剰な静脈内点滴でも、肺水腫が引き起こされることがあります。

肺水腫は、特に小型犬の罹患率が高いともされています。トイプードル、チワワ、ダックスフント、ヨークシャーテリアなどの小型犬を飼っている場合には、愛犬が肺水腫を発症する危険性についても理解しておくと、早期発見につながることになるでしょう。

 

【治療】基礎疾患と同時に治療

肺水腫の原因となっている心臓病や、肺炎、熱射病などほかの疾患の治療が行われます。

それに伴い、肺水腫自体の症状を軽減するための治療も同時に行われます。利尿剤や血管拡張剤を使用して肺にたまった水を血管に戻し、尿として排出させます。呼吸困難の場合には、気管支拡張剤や酸素注入などが施されることもあります。

 

【予防】原因となる疾患をチェック

肺水腫は、ほかの疾患の影響を受けて発症するため、直接的に予防することは困難です。しかし、原因となる病気を初期段階で治療することが、肺水腫の発症を防ぐ一番有効な方法だといえます。そのためには定期的に健診を受け、心臓病などの危険性がないか確認しておきましょう。肺水腫はかかってしまうと進行の早い病気ですので、咳や呼吸に異常が見られたら早めに病院で見てもらいましょう。

 

 

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる