風邪のような症状が出るケンネルコフ・・・子犬や免疫力が低下している犬は要注意!

ケンネルコフは犬伝染性気管支炎ともよばれ、ウイルス・細菌などの感染を原因とする呼吸器感染症です。免疫力の弱い子犬が発症することが多く、とくに空気の乾燥した冬場に猛威をふるいます。発症すると、咳や発熱など人間の風邪と似たような症状が続きます。

 

【症状】乾いた咳が持続的に出る

ケンネルコフの症状では、乾いた咳が続くのが特徴です。発熱がみられることもあり、一日中続く咳が数週間にも及ぶことがありますが、通常では症状が軽く体力のある犬ならばそのまま自然治癒することも少なくありません。しかし、免疫力が低下していたり、若年齢または高齢であると悪化しやすく、細菌の二次感染によって重症化することもあります。症状が重くなると咳とともに膿性の鼻汁や目やにがみられ、気管支肺炎を引き起こすなど重篤化するおそれがあります。

 

【原因】ウイルスや細菌の感染で発症する

ケンネルコフは、犬アデノウイルス2型、犬パラインフルエンザウイルス、犬ヘルペスウイルス、気管支敗血症菌、マイコプラズマなどのウイルスや細菌に単独的または複合的に感染することにより発症します。感染経路はすでに感染している犬からの飛沫感染であることが多いですが、ほかに接触感染でも発症します。ケンネルコフは感染力が強く、多頭飼育などの環境下では次々に感染が広まってしまいます。抵抗力の弱い子犬や高齢犬に発症が多くみられる傾向がありますが、健康な成犬でも気温の変化やストレスなどで免疫力が低下すると発症することがあります。

 

【治療】重症であれば症状に合わせた治療を行う

症状が軽い場合は、1週間程度安静にさせて体力をつけさせれば自然治癒が期待できます。咳の症状が強かったり、肺炎などの合併症を発症している場合は、抗菌剤、鎮咳剤、気管支拡張剤などを症状に合わせて投与する治療を行います。多くの場合、2週間ほど治療を続ければ病態は沈静に向かいます。

ケンネルコフのように咳を特徴とする犬の病気には、フィラリア症や気管虚脱、僧房弁閉鎖不全症のほか、致死率の高い犬ジステンパーウィルス感染症などがあります。もし治療を続けても症状がなかなか改善しない場合には、詳しい検査を受けてみることも必要です。

 

【予防】ワクチン接種と日常で気をつけること

ケンネルコフは、混合ワクチン接種によって命にかかわるような重篤な状態になることは避けられます。ワクチンが対応しているウイルスについては予防効果が期待できますが、病原体の種類が多いためすべてを防ぐことは困難だといえるでしょう。

ワクチン以外では、咳をしていたりワクチン未接種の犬と接触しないようにし、犬が多く集まる場所は避けるなどして感染を未然に防ぎます。また、犬が生活する環境を衛生的に保ち、適切な食事と運動で免疫力を向上させることも予防につながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる