気づいたときには末期症状??気づいてあげたい膿胸の初期症状

膿胸(のうきょう)とは猫によくみられる病気で、何らかの原因で肺の表面を覆っている胸膜に細菌が感染し、胸内に膿が溜まる病気です。

飼い主がこの病気に気づいた頃には症状がかなり進んでいることが多いため、この病気の症状をよく理解して早期発見につなげることが大切です。

【症状】膿胸の主な症状

膿胸の初期症状として、食欲がない、元気が出ない、40度近い発熱などがみられます。これらの症状は膿胸に初期段階で気づくことが困難で、飼い主が気づいた時には既に症状が進んでいるケースが多くあります。

症状が進むと胸腔(きょうくう)に膿が溜まります。胸腔とは肋骨の内側にあり、呼吸をする際肺が膨らむために必要なスペースのことをいいます。この胸腔内に膿が溜まると、呼吸困難、開口呼吸、咳、脱水症状、チアノーゼなどの症状を発症します。

末期の膿胸になると肺血症を起こす為、呼吸困難が悪化し、死に至る場合もあります。

【原因】膿胸の原因

膿胸は交通事故などによる胸部の外傷が主な原因で胸膜が細菌に感染し発症します。また、猫同士での喧嘩で爪や牙などが胸に刺さってしまうと、そこから細菌が胸腔内に侵入し、発症してしまう場合もあります。

その他尖った異物などを誤って飲み込んでしまい、食道に穴が開くことによって化膿性肺炎に感染しそこから膿胸が発症する場合や、猫エイズや白血病ウイルス感染症などによって免疫力が低下して膿胸を引き起こす場合もあります。

また原因が明らかにならない場合もあります。

【治療】膿胸の治療

膿胸の治療法は基本的に胸腔内に溜まった膿を除去しますが、呼吸状況などの症状によりすぐに処置ができないこともあります。特にチアノーゼの症状がみられる場合や呼吸困難が酷い場合、まず酸素吸入を施し呼吸を落ち着かせてから処置を行います。

呼吸が落ち着くと、胸腔内にチューブを入れて膿を排出させたり、胸腔内の洗浄を施します。その他針を使って胸腔内にある膿を排出させたりする場合もあります。

また原因となっている細菌への抗生物質を投与するほか、脱水などの症状を改善するために点滴や高カロリーの食事を与えるなどの治療を施します。

【予防】膿胸の予防

膿胸は主に猫同士での喧嘩や交通事故などによる外傷が原因になることが多いので、室内飼いをお勧めします。猫がよく外に出てしまう場合は、猫の体に外傷がないか日頃から注意して観察するようにしましょう。

また、原因の1つになっている白血病ウイルス感染症などのワクチンで予防が可能なものは、あらかじめ予防しておきましょう。

膿胸は命に関わることもある病気です。普段から猫の様子をよく観察して、初期症状の段階でなるべく早く気づいてあげましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる