食べるものや使用する薬品に注意しよう!中毒が起こる原因とは??

中毒とは何らかの薬物や化学物質、食べ物などを口にしたり、吸い込んだり、皮膚から吸収したりして、体のどこかに機能障害を引き起こした状態のことをいいます。人間に比べると犬・猫はほんの少しの量でも中毒を起こすことがあります。また人とは生理機能が異なるため、人が平気なものでも様々な中毒を起こすことがあります。

ここでは中毒症状を引き起こすものを紹介します。愛犬が口にしないように注意しましょう。

【注意】中毒の症状をひきおこすもの

ネギ類

タマネギや長ネギに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が、赤血球を破壊することで、溶血性貧血を発症したり血液尿素を出します。ときには命を落とすことがあるため、食べさせることはもちろん、みそ汁やすき焼きの煮汁を与えてもいけません。

チョコレート

チョコレートに含まれるテオプロミンという成分を大量に摂取することで、中枢神経を刺激して急性不全を起こすことがあります。また、キリシトールやレーズンなども中毒を引き起こす場合があります。

マカダミア・ナッツ

マカダミア・ナッツを摂取し中毒を起こす原因は不明ですが、大量に摂取することで、嘔吐、後ろ足の麻痺、運動失調などを引き起こします。症状は、半日~一日で回復します。

殺虫剤

有機リン系や塩素系の殺虫剤をなめたり、または、皮膚から多量に摂取すると中毒を引き起こします。多量に摂取した場合は、嘔吐や下痢、ひどいと血便、吐血、痙攣状態になることがあります。現在の犬や猫用のダニ・ノミ用の殺虫剤にはこれらの成分がほとんど含まれていません。

殺鼠剤

ねずみ取り用の殺鼠剤に含まれるワルファリンなどの成分が中毒を引き起こします。多量に摂取した場合、粘膜からの出血、血便や血尿、呼吸困難や激しい貧血になり命を落とすことがあります。

除草剤

除草剤をまかれたところを歩いた犬が、足の裏や体についたものをなめることで中毒が起こります。また直接口にして起こることがあります。重い症状では、命を落とすことがあります。

鉛を含む身近な製品では、ペンキやバッテリー、ハンダ付け、配管材、釣具のおもり、ゴルフボール、おもちゃなどです。嘔吐や下痢、ひどい場合には痙攣を起こしたりします。長期間摂取し続けると、骨の異常や精神の異常が見られます。

植物

犬が口にして中毒を引き起こす植物は少なくありません。アシビ、アマリリス、スズラン、キョウチクトウ、シャクナゲ、ジギタリス、イチイ、ソテツ、毒キノコなど、種類によって症状も様々です。

ヒキガエル・ヘビ

ヒキガエルやイモリなどを口にしてしまった場合分泌する毒物によって中毒が起こります。ヒキガエルの分泌する毒物は非常に危険で、命を落とすこともあります。ヘビにかまれたときも治療が遅れると死に至ります。

【治療】中毒の治療

ほとんどの中毒で内科治療を行います。内科治療では、中毒物質を体外に排出できるか、または中毒物質を弱めることができるかが重要になり、吐かせたり、活性炭を投与したり、胃洗浄を行ったりします。

危険なものを飲み込んでしまった場合は、まずは獣医師に連絡して指示をあおぎ、早急に病院に連れて行きましょう。

【予防】中毒の予防

普段から原因となるような食品、化学物質、金属に犬・猫が接しないように配慮してしっかりペットの体調を管理することが大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる