マイクロチップとは? 

マイクロチップとは

マイクロチップのことをご存知ですか?言葉を話すことができない動物のための、いわば身分証明書のような役割をはたすのがマイクロチップです。飼い主とはぐれて迷子になってしまったときなど、この電子標識器具を装填していれば個体を識別することが可能で、万が一ペットが盗難にあってしまったり、不幸にして事故にあってしまった時も、誰のペットであるか証明することができるのです。大きさは長さが11mm程度で、マイクロチップの中には世界で唯一の15桁のナンバーが記録されており、専用のリーダーをかざして読み取ります。また現在では海外旅行などで出国時に犬や猫を同伴する際には、マイクロチップの装着が義務づけられています。

 

装着方法は?痛みはないの?

マイクロチップの装着は、通常使い捨てタイプの専用挿入機で犬や猫の首のうしろの皮下に埋めこむやりかたで行われます。皮下注射と同じように一瞬で注入できるので、鎮静剤や麻酔薬を使用する必要がなく、痛みを与えることはありません。注入による副作用、故障や破損などの報告もほとんどありません。

 

データの登録方法

マイクロチップには、住所・電話番号などの連絡先からなる飼い主情報と、性別・名前・動物種・生年月日などの動物情報が登録されます。これらの情報は、日本国内ではAIPO(動物ID普及推進会議)のデータベースで登録・管理されます。登録申込書はマイクロチップを取り扱う動物病院に置いてあるので、いきつけの病院で相談しましょう。

もし引っ越ししたり、飼い主が変わるなどして登録した情報に変更が生じた場合には、登録してある情報も更新しなければなりません。また、不幸にもペットが死亡した場合でも変更を届け出る必要があります。

 

費用は?

マイクロチップの装填は動物病院で行われるため、病院によって多少の差額はありますが、マイクロチップ本体の代金と病院での施術費用を含めて3000~5000円の費用がかかります。そのほかに、データ管理を行うAIPOへの登録料として1000円が必要になります。なお、登録した情報を変更する際には費用はかかりません。

 

迷子になった犬はどうやって飼い主のもとへ?

マイクロチップを読み取るための専用リーダーは、動物病院、動物保護センター、保健所などに装備されています。外国に比べて普及が遅れていましたが、最近ではリーダーを備える施設が増加傾向にあるようです。迷子になった犬が動物病院などへ持ち込まれると、リーダーをかざしてマイクロチップの有無を確認し、15ケタの番号を読み取ります。そこから照会された登録情報をもとに飼い主へ連絡がいき、ペットを引き取ることになります。

以上のように、マイクロチップはペットに負担を与えない、安全で確実に身元を証明することのできる方法であることがわかります。大切な家族の一員であるペットのためにもマイクロチップの装填をおすすめします。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる