犬・猫のノミダニ予防と対策について

犬に寄生する外部寄生虫の代表格が「ノミ」と「ダニ」です。ノミやダニが害虫であることは知っていても、実際にどんな被害や危険性があるのか意外と分かっていないことも多いです。寒い季節ならば大丈夫、室内で飼っているから大丈夫と安心していると、ただでさえノミやダニが発生しやすいペットの周辺ではどんどん増えていき、犬や人間の健康を脅かすことになりかねません。生態を理解し、しっかり予防・駆除することが大切です。

 

【症状】細菌を媒介して病気を引き起こすことも

ノミもダニも外部から寄生する外部寄生虫です。体に寄生すると、犬はひどい痒みのために引っかいたり噛んだりして、そこから皮膚炎が引き起こされます。また、ノミの唾液に含まれる物質によってアレルギーが引き起こされたり、大量のノミに吸血されることにより貧血になったり、ノミを口から食べることにより瓜実条虫症に感染するなど他の病気を引き起こす原因にもなります。

ダニの場合も、大量に寄生して貧血や皮膚炎を引き起こすことがあります。さらに怖いのは、パペシア症、ライム病、Q熱など、健康に悪影響を及ぼすような他の病気を引き起こす細菌を媒介する可能性があることです。また、放置しておくと人にまで寄生が及んで皮膚炎などを引き起こすこともあるので、飼い主や家族のためにも対策が肝心です。繁殖力が高く、万が一室内で繁殖してしまった場合には完全駆除が容易ではなくなってしまいますので、早い段階で取り除くことが大切になります。

 

【原因】気候や地域を限定しない

前述したように外部寄生虫であるノミ・ダニは、外出した際に草むらや散歩コースで付いてくることが多いといえます。以前は山間部に多いと思われていましたが、環境の変化から近年では都市部でも見られるようになってきました。

また高温多湿な環境を好み、屋外以外の家の中でも寝具のすき間、カーペットの裏、家具の後ろなどで活動しながら卵を産んで繁殖します。

主に温かい季節、春から夏にかけて活発に活動しますが、最近ではエアコンの使用によって冬でも室内の気温が安定しており、寒い時期でも発生します。また、ダニの中には寒い気候の中でも活動する種類がいます。

こういったことから、一年を通して予防・対策をしない限り、あらゆる場所でノミ・ダニに寄生される可能性があるといえます。

 

【治療】病院で駆除してもらうのがベスト

ノミやダニが愛犬に付いているのを見つけても、あわてて潰したり取ろうとしてはいけません。ノミの場合はもし体の中に卵があれば飛び散ってしまいますし、体内に寄生虫がいれば潰した手から感染する危険性があります。ダニも、吸い口の部分が犬の体の中に残ってしまうとそこから皮膚炎を引き起こしたりするので危険です。そこで、駆虫薬を使って駆除するのが最善の方法となります。自分で駆除するのが難しい場合は、動物病院に連れて行き診察・駆除してもらいましょう。

 

【予防】駆除薬を定期的に投与する

日頃から定期的にシャンプーをして清潔を保ったり、散歩の後に目の細かいくしでブラッシングしてあげるなどノミ・ダニが付いていないか注意してあげることも大切です。しかしそれだけではノミ・ダニが逃げたり隠れたりした場合には不十分なので、一番効果的で安心な方法は定期的に駆除薬を投薬することといえるでしょう。駆除薬には首のうしろの皮膚に垂らすスポットタイプ、経口薬、スプレータイプ、首輪タイプ、注射などさまざまなタイプがあり、事前に寄生を予防すると同時に幼虫や卵の駆除に効果を発揮するものもあります。一番ポピュラーなのは手軽に使えるスポットタイプですが、スプレータイプは全身に使えますし、経口薬は食べさせやすいチュアブルタイプなども出ており、使いやすさや状況に応じて選ぶのがよいでしょう。どの薬を使用するにしても、大事なのは定期的に投薬を続けることです。また、投薬に際しては個人で判断せず、動物病院で相談して使用を始めればより安全でしょう。

ノミ・ダニ駆除薬を使うことに加えて、犬が過ごす環境を清潔に保ってあげることも重要です。いくら薬を使っていても、ノミ・ダニの幼虫や卵が室内に残っていては再び繁殖してしまう可能性があるからです。愛犬のベッドや毛布などはこまめに洗い、人間が使う寝具やカーペットも日干しにしたりして清潔に保ち、家具の隙間も掃除を徹底すれば、ノミ・ダニの駆除につながることになります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる