感染すると大量のフケが出る!ツメダニについて

ツメダニとは、イヌツメダニとも呼ばれるダニの一種で、感染するとツメダニ症という皮膚の病気を引き起こします。皮膚の赤みやかゆみ、フケの増加などの症状があらわれ、とくに高齢犬や子犬の場合は症状が顕著になります。人にも感染する人畜共通感染症ですので飼い主も注意が必要です。

 

【生態】

ツメダニは大きさが約0.5mmの小さなダニで、日本全国に広く分布しています。ダニは感染する動物の種類がそれぞれ決まっているという特性があり、犬に寄生するものをイヌツメダニといいます。ただし、人にも一過的に感染することがあるので飼い主も注意が必要です。ツメダニの特徴として鋭いフック型の爪を持っており、その爪の部分で宿主の皮膚に傷をつけて体液やリンパ液を摂取します。寄生した動物の皮膚上で交尾・産卵し、ふ化した幼虫は3~4週間かけて3回脱皮をしながら成長していきます。

 

【症状】

ツメダニが原因で起こる皮膚病はツメダニ症とよばれ、大量のフケ、皮膚の赤み、ただれ、かゆみなどの症状があらわれます。このような症状が主に背中、耳のうしろ、両脇、股間、おなか、尻尾のつけ根などに起こります。成犬の場合はほとんど症状が出ないか、出ても軽い場合が多いですが、多数寄生や子犬や高齢犬などが発症すると重症化しやすくなります。

 

【駆除法】

ツメダニ症の治療は、ダニを駆除する効果のある殺ダニ剤を投与したり、薬用シャンプーで洗うなどして、まずはツメダニを駆除することが基本になります。同時に症状に合わせた内科的治療を行うこともあります。注意しなくてはならないのは、ツメダニは宿主がいなくても10日程度は自力で生存できるといわれている点です。そのため、犬のダニ駆除だけではなく室内をこまめに清掃したり、犬が使用しているベッドや用具類を消毒し、殺ダニ剤を噴射するなどして、ダニが生存しにくい環境を整えることが大切です。

 

【予防】

ツメダニ症は、すでに感染している動物と接触することで感染するケースがほとんどです。感染している犬や猫になるべく近づかないよう気を配る必要があります。多頭飼育の場合は、ブラシやタオル、リードなどをふだんから分けて使うことが望ましいでしょう。また、犬に大量のフケが出たときなどに毛をかき分けて観察してみると、動くツメダニが肉眼で確認するできることがあります。日ごろから皮膚の状態をチェックして、もし異変に気づいたらすみやかに動物病院で受診しましょう。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる