ノミから感染する寄生虫・・・瓜実条虫とは?

寄生虫のひとつである瓜実条虫は、犬や猫の小腸に寄生して瓜実条虫症を引き起します。ノミが媒体となり、瓜実条虫の幼虫を保有しているノミを犬や猫がグルーミングのときなどに飲み込んでしまうことで感染します。寄生すると瓜実条虫はどんな被害をもたらすのでしょうか?瓜実条虫の生態や予防法とともにご紹介します。

 

瓜実条虫とは?

瓜実条虫は犬や猫に多くみられる寄生虫で、ノミやシラミを媒体として動物に感染します。成長すると体長が50cmほどにもなる白色の平たい形状をしていて、ひとつひとつの片節がウリの種に似ているため瓜実条虫と呼ばれています。片節の中には多くの虫卵が含まれており、感染した犬猫の糞便や肛門の周りに付着しているのが見られることがあります。その片節をノミの幼虫が食べると、幼虫の体内で虫卵がふ化して瓜実条虫の幼虫となります。この瓜実条虫の幼虫を持ったノミを犬や猫が毛づくろいの際などに口に入れてしまうことで体内に侵入され、瓜実条虫の幼虫は小腸に寄生して成虫へと成長します。

 

瓜実条虫が引き起こす症状

成犬ではほとんど無症状です。瓜実条虫の片節が肛門から排泄されるため、さかんに肛門付近を気にすることがあります。場合によっては下痢を起こすこともあり、多数寄生や子犬への感染などでは重症化することがあるので注意が必要です。症状が進行すると体重減少や発育不良を引き起こす場合もあります。

 

もし寄生してしまったら?

寄生していることがわかったら、駆虫薬を投与して寄生虫を駆除します。同時に、感染の原因となるノミの駆除を行うことも大切です。ペットに対しては、定期的なノミ・ダニ駆除薬の投与や、シャンプーで清潔を保つなどしてノミの寄生・繁殖を予防します。またソファーやベット、部屋の隅などノミが繁殖しやすい場所を中心にこまめ清掃を行ったり、ペットのタオルやマットなどを定期的に洗浄・消毒するなど、飼育環境・住環境においてもノミを除去することが、瓜実条虫からペットを守ることにつながります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる