犬にノミがついているときのシャンプーのやり方と注意点

もしペットにノミがついているのを発見したら、どうやって取り除けばいいでしょうか?方法のひとつとして、ノミ取り専用のシャンプーで取ってあげる方法があります。どうやったらシャンプーで効果的にノミ取りできるのか、方法と注意点をご紹介します。

ノミ取りの手段としてのシャンプー

ノミ取りの方法はいくつかありますが、ここではクシとシャンプーを使った方法を紹介します。クシはノミ取り用のものが望ましいです。目が細かいコームでブラッシングすると効果的です。シャンプーはノミ取り用の薬用シャンプーが販売されており、洗浄と駆除の効果があります。ノミだけでなくマダニ駆除にも効く商品もあります。

 

効果的に洗うには?

ダニ取り用のシャンプーで洗うと、ノミは仮死状態になって動かなくなります。そのあとコームで被毛をブラッシングしてあげると、ノミがぽろぽろと落ちていきます。シャンプーの効果は数時間続くので、その間にブラッシングすることが大切です。

シャンプーのノミ駆除の効果はずっと続くわけではないので、定期的なブラッシングでノミがつかないようにしてあげる必要があります。とくにノミが発生する春から夏にかけては、ノミがついていないか注意深くブラッシングしてあげましょう。

 

シャンプーするときのコツ

ノミは水がかかると動きが鈍くなるという性質を持っています。耳のつけ根から背中の方向にシャワーをあてて、ノミができるだけ背中に集まるようにします。ぬるま湯に溶いたシャンプーで、地肌を洗うようにやさしく洗っていきます。肉球の間、内股や足の付け根などは念入りに洗いましょう。動かなくなったノミはノミ取り用のくしで取り除きます。ノミは頭に逃げることが多いので、耳や目の周りを避けて顔も洗ってあげましょう。その後、頭のほうから低いほうへと毛の中までしっかりシャンプーを洗い流します。

 

ノミ取り用シャンプーを使用する際の注意点

シャンプーを使ったノミ取りは、駆除と洗浄の両方の効果が得られるというメリットがあるいっぽうで、効果が持続する時間は長くないという欠点もあります。また、ノミ取り専用のシャンプーは犬の皮膚にとっては刺激が強いため、ノミが寄生しているのを発見したときにだけ使用することが望ましいといえます。ノミがいないときの普段のシャンプーは、低刺激の無添加シャンプーを使うことをおすすめします。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる