フィラリア症感染のメカニズムとは? 

フィラリア症とは、犬の体内にフィラリアという寄生虫(犬糸状虫)が入り込み、さまざまな症状で犬に障害をもたらす病気です。成長した寄生虫が最終寄生部位である心臓や肺動脈に住みついて、最悪の場合死に至ることもあります。犬がどのようにしてフィラリアに感染し、どのような経過をたどって発症するのか、その仕組みをまとめました。

 

蚊を媒介した感染のメカニズム

蚊がフィラリアに感染している犬を吸血すると、犬の血液中にいるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を一緒に取り込みます。蚊の体内に侵入したミクロフィラリアは2回脱皮し、感染能力を持った幼虫へと成長します。これを感染幼虫といいます。

感染幼虫は、寄生している蚊が新たな犬を吸血する際にその刺口から犬の体内へと侵入します。このように、フィラリアはその成長過程で犬→蚊→犬と宿主を変え、蚊によって運ばれて広がっていきます。たくさんある蚊の種類のなかでも、ヒトスジシマカやアカイエカが中間宿主になることが多いといわれています。

 

犬の体内ではなにが起きているか

感染幼虫が犬の体内に侵入したといっても、すぐに症状が出たり異変が起きるわけではありません。フィラリアが何年もかけて最終的に心臓や肺動脈に寄生し、症状を進行させていきます。

犬の体内に入ったミクロフィラリアは、筋肉や脂肪の周りなど皮下に寄生しながら2回の脱皮をくりかえします。ここまでおよそ2カ月かかるといわれています。成虫になったフィラリアは、血管を通って心臓や肺動脈に移動していきます。ここまで約半年かかるといわれており、さらにここでオスとメスがそろうと新たにミクロフィラリアが生まれることになります。

 

感染すると犬はどうなるの?

成虫になったフィラリアは長さが約15~30cmまでに達し、長細い形状をしています。感染後、重い症状がみられるようになるまでには何年も経過してからであることが多いです。長い時間をかけて肺の血管や心臓の内部を傷つけていき、体中に血液を送る心臓や肺の機能に障害が生じるようになります。その結果、乾いたせきが出たり、貧血や体重減少、運動を嫌がるなどの軽い症状から、腎臓や肝臓の働きに影響が及ぶ重い症状までさまざまな異変をもたらします。

フィラリア症は異変に気がついた時にはすでに重症だった、ということも少なくありません。そのことからも、毎年の予防と検査を徹底することがフィラリアからペットを守る最善策なのです。

 

フィラリア予防薬はこちらからチェック

「フィラリア予防薬一覧」

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる