フィラリア予防薬はいつ投与するのがいいの? 

犬にさまざまな症状をもたらし、重症化すると命にもかかわる危険な病気であるフィラリア症。予防薬を投与することで防げることはよく知られていますが、フィラリア症の予防薬を与えるときは、いつ投与するかがとても重要です。予防薬を与える時期を正しく知って、フィラリアから愛犬を守ってあげましょう。

 

フィラリア予防薬を与えるタイミングは?

フィラリア症は、予防薬を与えることによって防ぐことのできる病気です。毎年予防の時期が近づいたら、病院でフィラリア感染の検査を受け、陰性であることを確認したうえで予防を実施します。

フィラリア症の予防薬には錠剤やチュアブルタイプなどの内服薬や皮膚につけるスポットタイプがあり、いづれも毎月一回投与します。大切なのは、「蚊が見られはじめて1か月後から、蚊がいなくなって1か月後まで」月一回の投与を続けるという予防のスケジュールです。たとえば、4月に蚊を見つけたら1か月後の5月から薬の投与を始めます。そして、11月に蚊がいなくなったらその1か月後の12月まで投与してその年のフィラリア症予防が完了するのです。はじめと終わりのタイミングを守って適切に投薬することが重要です。

 

蚊のライフサイクルに合わせた予防スケジュール

予防薬を投与するスケジュールは、病気の原因となるフィラリアが成長するタイミングと関係しています。

フィラリアの幼虫を保有している蚊にさされると、犬の体内にフィラリア幼虫が侵入します。そこから3日~10日ほどかけて幼虫が脱皮してひと回り大きくなります。この大きくなった幼虫のことを移行幼虫とよびますが、予防薬はこの移行幼虫を駆除する効果があります。そのため、犬が蚊に刺された直後ではなく、時間をおいてから投与する必要があるのです。また、1か月を過ぎてしまうと移行幼虫が大きくなりすぎて十分に薬が効かなくなってしまうため、蚊に刺されて(蚊を見かけるようになって)から1か月後が最適のタイミングとなるわけです。

このように、フィラリア予防薬は犬の体内に寄生虫が入るのを予防する薬ではなく、体内に侵入した幼虫を駆除する薬であるため、投与を終了する時期にも気をつけなければなりません。蚊が見られなくなったからといって投薬をやめてしまうのではなく、蚊のシーズンが終了してから1か月後まで投薬を続けていれば、万が一犬の体内に幼虫が侵入してしまっていたとしても駆虫の効果を得ることができます。

また、蚊の活動期間は地域によってもばらつきがあります。投薬期間については、まずかかりつけの病院でよく相談してみましょう。

 

子犬はいつから予防すればいいの?

ここまでは成犬のフィラリア予防の時期について紹介しましたが、子犬の場合はどうしたらいいでしょうか。

フィラリア予防薬は生後90日から投与が可能とされています。ただし、蚊がいない寒い時期に生まれた子犬であれば、蚊が発生しはじめる4~5月頃まで90日以上経っていたとしても、予防薬投与を行わなくても問題はありません。反対に、蚊の多い時期に生まれた子犬への感染が心配であれば、生後3か月以前でも投与できる安全性の高い予防薬もありますので、獣医師とよく相談して早めの予防を行うことも検討してみましょう。

 

フィラリア予防薬はこちらからチェック

「フィラリア予防薬一覧」

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる