小型犬に発症例が多い、水頭症の原因と症状について

水頭症とは文字のとおり、頭の中に水(脳脊髄液)が溜まっている状態で、脳内の圧力が異常に高まることによって神経機能にさまざまな影響を及ぼす病気です。症状の程度は多岐にわたり、無症状のケースもみられます。犬では小型犬種の発症率が高い傾向にあります。

 

【症状】水頭症にあらわれるさまざまな症状

水頭症は、脳脊髄液が過剰に溜まって脳が圧迫されることにより発症しますが、圧迫を受けている部分によりそれぞれ症状が異なります。知能障害、食欲不振あるいは過食、斜視や眼振などの視力障害、意識障害、元気の低下、歩行障害、突然鳴き出す、痙攣発作、ぼんやりしたり眠ってばかりいる、もしくは興奮したり攻撃的になるなど、症状は多岐にわたります。しかし、これらは水頭症特有の症状というわけではなく、水頭症になっても目立った症状が出ないケースもあり、もともとのペットの性格や行動なども関係して水頭症であると判断するのが難しいともいえます。また脳の内部に脳脊髄液が溜まるので、頭が膨らんで見えることもあります。

 

【原因】脳脊髄液が過剰貯留する要因とは

水頭症は、脳や脊髄の周りを循環する脳脊髄液が何らかの原因によって過剰に貯留され、脳組織が圧迫を受けることで発症します。脳脊髄液が過剰になる原因には先天的原因と後天的原因があります。先天性のものは、遺伝、出生前のウイルス感染、発育不全で起こるもので、後天性のものは脳腫瘍、脳炎、脳髄膜炎、脳出血、外傷などによって起こります。先天性遺伝が原因の場合には、猫ではシャム猫、犬ではチワワ、ポメラニアン、パグ、ヨークシャーテリア、ペキニーズなど小型犬種に多く発症が見られます。

 

【治療】内科的治療と外科的治療

水頭症の治療には、脳脊髄液を減らして脳圧を下げることを目的にステロイド剤や利尿薬を用いる内科的治療と、脳内に溜まってしまった脳脊髄液を脳と腹腔をつなぐ手術でお腹に流す外科的治療があります。また、水頭症が発症する要因となった基礎疾患がある場合には、それらの疾患の治療も行っていきます。しかしながら水頭症は進行性の病気であり、治療をしていても症状が進行していき完治が難しい病気とされています。脳脊髄液が減っても一度異常が生じた神経は回復することがなく、症状をこれ以上悪化させないために治療を継続することになります。

 

【予防】疑わしい症状は早めに受診する

水頭症は予防が難しい病気です。水頭症が疑われるような症状がみられた場合には、できるだけ早い段階で病院で診察を受けることが最善です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる