バランス感覚を失ってしまう前庭障害とは??

前庭障害とは、動物が持つ平衡感覚を司る三半規管という小さな器官が両側の内耳に存在しますが、これが様々な原因で平衡感覚を失ってしまう病気のことです。この病気は高齢の犬に多く発症することが多いです。平衡感覚を失ってしまうため、この前庭神経に異常が出てくると、頭や体を上手くコントロールできなくなっていきます。

【症状】前庭障害の症状

前庭障害は突然症状が出てくる場合が多くあります。急にからだのバランスを保てなくなってしまうことで、首を片側に傾ける斜頸になり、まっすぐに歩けなくなり、歩こうとしてもバランスがとれず、グルグルと回転してしまったりします。また、めまいを起こしたりよろめいて歩きます。目をみると一定の間隔で細かく揺れる目振がみられ、この場合は視野が回転してしまうため、食欲不振や嘔吐が伴います。暗い場所や寝起きの時に症状が悪化する特徴もあります。

【原因】前庭障害の原因

前庭障害の原因は、耳の奥にある内耳神経の一部である前庭神経に異常がおきて発症します。平衡感覚をつかさどる神経なので、異常が起きると犬は体のバランスを保てなくなります。原因疾患としては脳幹の疾患、脳腫瘍、脳炎、脳梗塞、メトロニダゾール中毒、外傷などがあります。また、内耳炎や耳の中にできた腫瘍や甲状腺機能低下などが原因で三半規管に障害がでたことが考えられますが、原因不明の場合も多くあります。原因のわからない突発性前庭疾患は老犬に非常に多くみられます。他では、ストレスなどの環境や精神的な要因もあると考えられています。

【治療】前庭障害の治療

まずは脳腫瘍、脳炎、脳幹の疾患、脳梗塞などの原因となる疾患がある場合はこれらを優先的にしっかり治すことが大切です。脳幹の疾患、脳梗塞、脳腫瘍は手術が非常に難しい部位なため、この3つの病気の治療は一般的に非常に困難です。内耳炎や腫瘍がある場合は、抗炎症剤などの投薬や手術で対処しますが、重度の場合はそれだけでは改善しない場合もあります。

【予防】前庭障害の予防

予防法はありませんが、原因となる脳腫瘍、脳炎、脳幹の疾患、脳梗塞などの基礎疾患の発症を防ぐことが大切です。バランス感覚が崩れ、めまいやよろめきなどの症状が出てきたときは前庭障害の確立が高いので、倒れたりして怪我をしないように十分な注意が必要です。耳の病気に関連して起こる場合がありますので、耳の病気および異常にすぐに気づき、適切な治療を行うことで、前庭障害を予防できる可能性が大きくなります。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる