糞線虫症とはどんな病気?どうやって感染するの?~症状と予防法~

寄生虫の一種である糞線虫は、体長が2mm程度で白色で糸のような形状をしており、犬のほかに猫やサルなどの小腸に寄生して糞線虫症を引き起します。主に下痢などの症状があらわれ、子犬が多数寄生されると急性出血性腸炎を引き起こして命にかかわる場合もあります。また、人に感染するおそれのある人畜共通感染症でもあります。

 

【症状】子犬は症状が重くなる

症状は成犬と子犬で異なります。成犬では無症状の場合もありますが、水様性の下痢や食欲不振などの症状があらわれることもあります。一方で子犬が感染すると、激しい下痢や出血性の下痢、体重の減少などがみられ、それにともなって発育不全が引き起こされることもあります。とくに生まれて間もない子犬の場合、急性出血性の腸炎を引き起こして衰弱し、死に至るケースも見られます。

 

【原因】さまざまな感染経路

糞線虫の幼虫が小腸粘膜内に寄生することが原因となります。感染経路は、すでに感染している犬の糞便とともに排出された幼虫が口から入る経口感染、皮膚を穿孔(穴を開ける)して侵入する経皮感染、母犬の母乳を通して子犬に感染する経乳感染があります。経皮感染では侵入した幼虫が血管を通って肺に向かい、かゆみをともなう皮膚炎や咳などの呼吸器症状があらわれる場合があります。

 

【治療】駆虫薬を複数回投与する

糞線虫症の治療にはイベルメクチンなどの駆虫薬の投与が有効ですが、一度の投薬ですべての糞線虫を駆除することは困難です。間隔をあけて駆虫薬を再投与し、定期的な糞便検査で寄生虫の有無を確認する必要があります。

 

【予防】衛生管理と定期検査で予防する

感染している犬の便には糞線虫の幼虫が含まれていますが、排泄されたばかりの幼虫は感染力を持たないと考えられていますので、散歩や犬の集まる場所などでは糞便をすぐに回収して衛生面に注意しましょう。また糞線虫症は、ブリーダーの犬舎など犬が多数集まる場所での感染が多く見られます。必要に応じて定期的に糞便検査を行い、駆虫薬を投与するようにしましょう。また人にも感染する人畜共通感染症ですので、犬の感染が疑われる場合には糞便を片付ける際に触れないようにするなど、飼い主にも注意が必要です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる