ワクチン未接種では命に関わることも・・・犬の伝染性肝炎とはどんな病気?

犬アデノウイルス1型は犬にとってとても脅威となるウイルスで、感染すると犬伝染性肝炎という病気を引き起こします。主に肝炎など肝臓の症状があらわれ、子犬やワクチン未接種の犬がかかると重篤化して命にかかわることもあります。

 

【症状】子犬やワクチン未接種の犬は重症化する

伝染性肝炎にかかると、初期段階で肝臓に炎症が起こり、発熱、嘔吐、腹痛、下痢などの症状があらわれます。症状の度合いは軽いものから重度のものまでさまざまで、軽症であれば鼻水など風邪に似た症状が出ます。重症化すると肝臓の機能に障害が生じるようになり、肝性脳症や低糖症からくる神経症状(無気力、昏迷、痙攣など)があらわれます。また出血を起こしやすくなり、鼻血や下血、皮膚の斑状・点状の出血などがみられるようになります。ワクチン未接種の犬や1歳未満の子犬が感染した場合、急激に体調が変化して突然死するケースもあります。

症状が回復してくると、角膜が浮腫を起こして青白く見えるブルーアイや前部ブドウ膜炎を発症することがあります。また、免疫が働いたことにより症状があらわれなかったり、症状が回復した後であっても、尿中にウイルスが排出され続けて新たな感染源となります。

 

【原因】犬アデノウイルス1型が原因

犬アデノウイルス1型に感染することで伝染性肝炎を発症します。感染している犬の鼻水、唾液、便などの分泌物にはウイルスが含まれており、これらを直接舐めたり、ウイルスに汚染された食器や衣類などを間接的に舐めることで感染します。またウイルスは外部環境においても抵抗力が強く、室温でも一定期間生存します。回復した犬の尿と一緒に数か月間排出され続け、他の犬への感染源となります。

 

【治療】主に対症療法で治療する

伝染性肝炎に対する有効な治療薬はありません。ウイルスによって炎症のダメージを受けた肝臓が自ら細胞を再生させていく間、症状を緩和させたり他の感染症を併発しないように対症療法を行っていきます。脱水や失血の症状に対しては点滴や輸血を行い、処方食で食事療法を行うこともあります。肺炎や腎盂腎炎への二次感染を防ぐために、抗菌剤が投与される場合もあります。

 

【予防】適切な時期・回数を守ってワクチン接種を

伝染性肝炎の予防にはワクチン接種が有効です。子犬の頃から適切な時期・回数を守って接種し感染を防ぎましょう。また、成犬や高齢犬にも年1度のワクチン接種が奨励されます。犬アデノウイルス1型は症状が回復した後にも一定期間体内に残り、尿とともに外部に排出されます。よって散歩中などには他の犬の排泄物には近づかないようにし、落ちているのもを口にしたりしないようにすることも大切です。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる