猫だけではない?人間も注意が必要なトキソプラズマ症の原因と予防法

トキソプラズマ症は、トキソプラズマという原虫が寄生することで起こる感染症です。猫の感染症として知られていますが、犬や人など哺乳類全般に感染する人畜共通感染症です。人の場合は、女性が妊娠中に初めてトキソプラズマ症に感染すると胎児に影響が出る場合があるので、感染経路や注意点についてよく知っておきましょう。

 

【症状】人や犬・猫にみられる症状とは

猫がトキソプラズマに感染すると、一過性の下痢がみられる程度で、健康な成猫であれば特に目立った症状はあらわれません。しかし、他の疾患により免疫力が弱っていたり、子猫やウイルス感染症を患っている猫が感染した場合にはさまざまな症状があらわれます。下痢や嘔吐、血便などの消化器症状をはじめ、咳や呼吸困難などの呼吸器症状、さらに神経症状がみられることもあります。

犬の場合は感染しても、無症状であることがほとんどです。発熱や筋肉痛などの症状が一時的にあらわれるケースもあります。また子犬や免疫力が低下している犬が感染すると、肺炎や脳炎を引き起こすことがあります。

人の場合、女性が妊娠中にトキソプラズマに初めて感染すると、胎児にまで影響が及び死産や流産が起きたり、生まれた子供に障害があらわれることがあります。これは犬や猫も同様で、妊娠中に感染すると死産や流産をすることがあります。

 

【原因】猫の排泄物や感染動物の生肉が感染源

トキソプラズマという原虫の寄生虫による感染が原因です。トキソプラズマの卵ともいえるオーシストが、口から体内に入ることによって感染する経口感染であり、すでに感染している動物の生肉を食べたり、猫の糞に接触したりすることで感染するケースが多いです。トキソプラズマは猫を終宿主としていて、その体内で繁殖して糞便とともにオーシストが排出されます。いっぽう人や犬、他の動物はトキソプラズマにとって中間宿主であるため、猫のように小腸に寄生してオーシストを排出することはありません。

 

【治療】抗生剤を投与する

トキソプラズマ症に対しては、抗生物質を投与して治療を行います。それと同時に発熱や下痢などほかの症状があれば対症療法を行っていきます。

 

【予防】未加熱の生肉や猫の排泄物に注意する

猫の排泄物や、オーシストに汚染されているおそれのある土などには触れさせないように注意しましょう。飼い主も土を触った後や、猫の便を処理した後はしっかり手を洗いましょう。生肉は与えないようにし、もし与えるのであれば十分に火を通したものを与えましょう。オーシストは熱に弱く、熱を加えると死滅します。生肉を調理した後の包丁やまな板も、使うたびに洗うなど衛生管理に気を配りましょう。人への感染で問題になるのは妊娠中の感染ですが、胎児に影響が出るのは妊娠中に初めてトキソプラズマ症に感染した場合です。心配であれば、猫や飼い主に抗体があるかどうか検査を受けてみることをおすすめします。また猫だけでなく、土や生肉を扱う際には手洗いを徹底したり、加熱が不十分な肉を口にしないことにも気をつけなければなりません。

キーワード・タグ:

関連記事

記事検索

カテゴリー

タグ

閉じる